常念岳(2002.7.13〜7.14)

今日はこの記録から  です 

梅雨明け前の恒例行事となりつつある家族登山を行いました。天気予報では初日が晴れのち曇り、翌日が曇りのち雨なので、当初計画していた白馬岳〜鑓温泉コースは諦めて、比較的簡単な常念岳一の沢コースに決めました。昨年の八ヶ岳は、雨に加え娘が熱を出し、一昨年の蝶ケ岳は台風直後の凄まじい吹き返しにあいなかなか条件に恵まれません。(こんな時期だから当たり前か)それでも昨年4人用のテントを新調してまだ使っていなかったので、どうしても使ってみたくて出かけたのでした。

 娘は山に登るのを嫌がっている気配があるので、できるだけ荷物を軽くして、喜びそうなおやつなどをたくさん持って出かけました。天気も良く、オーバーペースにならないように、ゆっくり歩いて行ったのですが、常念のテンバについてテントの設営が終わった途端に雨が降り始めました、これで、ピークハントを諦めて昼食タイムとなりましたが、雨が止むどころか風も強まり、おまけに雷も遠くで響き始めました。もう少し近づいたら山小屋に避難しなくてはならない距離に近づきビクビクものです。

結局就寝時間まで子供とトランプをやったり酒を飲んだりで、持っていたビール6本は飲み尽くしましたし、ウイスキーも大分減りました。深夜になるといつテントが壊れるかと心配で2度ほど外で点検をしました。夕方にいくらか石を積んでおいたので、よそのテントよりは被害も少なく、フライシートの張綱が2本切れた程度ですみました。翌朝5時にテントを撤収したときに残っていたテントは3張りでしたので┬匹半分以上は深夜に撤収したのでしょう。何ともひどい夜を過ごした上、妻に散々小言をいただき、雨の中をあわてて下山しました。稜線は相変わらずの暴風雨でしたが、下山途中の沢筋もかなり増水しており、早い時間の下山は正解でしたが、妻はもう日帰り登山しか行かないと言っています。娘ももう行かないかも知れません。

装備など

(私)

テント4人用(ダンロップK-4)サーマレスト 救急セット レインウエア シュラフカバー メインバーナー サブバーナー コッフェル フライパン ザックカバー タオル トレッキングポール ビール350×6本 ウイスキー300cc 餌袋(ソーセージ アルファ米 インスタントラーメン2 アルファ米焼肉丼 かまぼこ コンビーフ缶詰 焼鳥缶詰) 水5リットル(打ちリットルは最後の水場で補給)

(妻)

シュラフ レインウエア トレッキングポール 電灯 タッパー(薫製玉子4 生玉子2 ボーラーメン おにぎり 白飯 漬物)銀マット 着替え

(娘)

レインウエア ランタン ガスカートリッジ おやつ

(息子)

シュラフ2 レインウエア サーマレスト グランドシート 食器セット 銀マット