蝶ケ岳(2002.5.26)

今日はこの記録から  です

 今日の天気予報は晴れのち曇り、午後からは雷雨となるらしい。先週家族で美ヶ原の開山祭に出かけたものの、台上まで車で横付けしているのを見ると釈然としない上、山に登った気分ではない。欲求不満解消のため一人で登ることになりました。

 比較的早く稜線に立てる山と言えば、燕岳、蝶ケ岳、常念岳の三山が思い浮かぶ。外を見ると雲も無いので、穂高連邦の展望を期待して目的地を蝶ケ岳に決定。三股へと車を走らせながらも常念岳経由の日帰り縦走が頭をよぎるが、今日は穂高連邦を眺めるのが目的と自分に言い聞かせて、蝶ケ岳に登り始める。

 マメウチ平を過ぎる頃になると、残雪が見え始める。腐りきった雪が続くがアイゼンをつけるほどのことはない。蝶沢あたりから傾斜が急になるのでピッケルを取り出し安全対策に努めながら、雪上訓練の復習などをしてみる。

 あれだけ暖かかったのに、蝶ケ岳の稜線に出た途端、凄まじい強風の上、雲がどんどん湧きあがってくる。時間は九時前なので常念岳に行くのには十分であるが気が萎えてしまい、とりあえずビールと行動食をとる。強風から隠れるため、岩陰でしばし雲が動くのを待つが、天候は良くなる様子が無いばかりか、雲そのものが怪しい。

 あっさりと諦めて下山。12時前には車中の人になりました。ところが自宅に着く頃になると、雷を伴った大粒の雨、常念まで行ったら滝のような雨に打たれていたでしょう。いや、もしかしたら雷に打たれていたかも。


装 備

ザック50リットル、ツェルト、バーナー、コッフェル、レインウエア、救急セット、ヘッデン、ピッケル、アイゼン、グローブ、行動食、非常食、ビール2本、デジカメ、コンパス、地形図、エアリア(忘れもの:サングラス)

行動記録

4:45(自宅)- 5:30(三股駐車場発)- 6:50(マメウチ平で休憩)- 8:45(蝶ケ岳山頂)-

9:15(山頂発)- 10:20(マメウチ平で休憩)- 11:40(三股駐車場) - 帰宅

感 謝

家に帰ったら小包が届いていました。中をあけると登山靴が。福島県の志賀先生からの贈り物でした。ワンタッチアイゼンもスキーも装着できる優れものです。冬靴として大切に使用します。ありがとうございました。