八ヶ岳(2002.3.16)

今日はこの記録から  です

当初4人で1泊2日を計画していたのですが、何かと忙しい時期なので日程調整ができず、リーダーと2人での日帰りとなりました。何回か登っている八ヶ岳ですが、やはり雪山は厳しく、そして美しいものでした。そして何よりもピッケルとアイゼンの必要性を感じました。

行程

4:00 自宅発(途中のデイリーストアでサンドイッチやビールを仕入れる。ここのサンドイッチは他のコンビニより安いことにはじめて気がついた。)

5:15 美濃戸山荘着。スッパツのジッパーが壊れてしまい閉まらない。応急処置としてテーピングで捲く。雪が深くないことを祈るのみ。)

5:35 美濃戸山荘出発。

6:25 南沢で一本。昨日降ったらしい雨が雪の上で氷って、道はツルンツルンの状態。

7:20 行者小屋着。行動食を口にして、アイゼンを装着。

7:35 地蔵尾根経由で赤岳へ出発。出発するとほどなくワンタッチアイゼンがはずれてしまう。ねじをきつく閉め気を取り直して再出発。

8:15 きつく閉めたアイゼンが踵を圧迫し、靴擦れの予感。休憩をかねて踵のにソルボで応急処置。ここから先は見るからに腰を下ろせそうな場所は無い。

足を滑らすと一気に下まで行ってしまう急な斜面で、慣れないアイゼンと格闘。これに比べると雪上訓練は全くのお遊びだったことに気がつく。

9:15 地蔵尾根終点間際に、何とナイフリッジが出現。左右に数百メートル切れ落ちている上に、幅は平均台ほどしか無い。登り斜面ならまだ救われるがほとんど水平移動である。先行したパーティーは登るのを諦めて下山を始める。リーダーがロープを出してくれたので、ハーネスに固定し無事渡りきる。(一人だったら絶対に行かれなかったでしょう。)

9:55 赤岳山頂に無事登頂。吹きさらしで寒いので15分ほど景色を眺めての出発となる。

10:10 文三郎方面へ下山開始。降り口が氷りついており、危険なので、ロープを使う。(下山は登り以上に気を使うため精神的に大変。)

11:10 行者小屋到着。とりあえずこれで滑落死の心配が無くなったので、持参した缶ビールで乾杯。行動食をとりながらゆっくりとくつろぐ。日差しが強くさっきまでの寒さが嘘のようです。

11:50 行者小屋出発。途中、大滝まで足をのばしアイスクライミングを見学する。これも楽しそう。

13:25 美濃戸山荘着

14:40 帰宅

翌日: 腿を中心とした下半身が痛くて体がロボットのようだ。下山にかかる腿への負担は半端ではない。おまけに風邪をひいてしまい、夕方には38°以上熱がある。ここで泣きを入れれば、次の山行きに対して、家族は決して賛成しないだろう。

翌々日:若干熱がある。それでも仕事へ出かけよう。

地蔵尾根終点付近から赤岳展望山荘、赤岳を望む。