八ヶ岳(赤岳〜阿弥陀岳)2001.10.13〜10.14

今日はこの記録から  です

夏の初めに家族で訪れた八ヶ岳ですが、その時娘が熱を出してしまい赤岳に登ることはできませんでした。今回は息子の提案により、文三郎尾根を経由してピークハントをしたいとのことで、2人でこのシーズン最後のテント泊を行いました。好天に恵まれたのですが、朝夕の冷え込みはさすがに厳しく風邪をひかさないように気を使いました。

行 程

10/13 12:15美濃戸山荘発 - 14:50行者小屋テン場到着 -15:15 設営終了

10/14 5:45 行者小屋テン場発 - 6:40 赤岳・阿弥陀岳分岐 - 7:20 赤岳着 - 8:25 赤岳発 - 9:12 中岳 - 9:23 行者小屋への分岐(阿弥陀山頂へピストン) - 10:00発 - 10:26 行者小屋テン場着(撤収・昼食) - 11:50 行者小屋発 - 13:30 美濃戸山荘

食 事

いつものことですが、食事は雑炊かラーメンが主流になります。特に朝夕寒かったのでスープの素や乾燥ネギなどを多めに持参して暖かいものを流し込みました。ウイスキー以外に3本持っていったビールはやはり足りずに1本買いました。

13日(昼)おにぎり(わかめスープ雑炊)・ポタージュスープ・シャウエッセン・もつ煮・ビール

13日(夜)麻婆春雨・ごはん・キムチ・ウイスキー(つまみ)

14日(朝)ちょっと雑炊・生卵入り(行動食ピーナッツパン・ビール・ジュース)

14日(昼)中華三昧・カレーパン・ビール

行者小屋のテン場は10張ほど。その内の半分は県立船橋高校の生徒の皆さんでした。行者小屋は来シーズンに備えてログハウスを1棟新築中。屋根の上はソーラー発電でしょうか。気合いが入っています。

テント設営終了後(3時頃)夕食にはまだ早いとので、「もつ煮」とシャウエッセンをつまみにビールとウイスキー(日が出ていると暖かい)で一杯。息子は荷揚げした「がぶ飲みコーヒー」を暖めてお燗気分。その後彼はゲームボーイ。私は湾岸戦争の頃に読んだ「パレスチナ」という本を読み返しました。イスラエル人(ユダヤ人ではない)とパレスチナ人の確執が改善されない限りテロは続くのでしょうか。
子供に風邪をひかせると母親に叱られるので、3シーズン用のシュラフを2枚重ねて寝かしました。寝付くときは問題なかったのですが、午前4時前頃でしょうか冷え込みが厳しくて目が覚めました。テントは夜露が凍り付いています。今回に限って持参したガスランタンも暖をとるのに役立ちました。テント付近の霜柱は昼でも融けませんでした。
子供が楽しみにしていた「文三郎尾根」を経由して赤岳山頂に立ちました。ブンザブローという響きが気に入っただけでしょう。尾根道は鉄の階段がかけられていましたが、あれだけ長い人工構築物を誰かの後について長々と歩く気はしません。阿弥陀岳の後方に御岳山が見えます。

山頂からは360度のパノラマです。富士山はやはり日本一の山ですね。

阿弥陀岳から赤岳を振り返る。阿弥陀岳の登山道は以外とザレているので、渋滞がおこりやすいため、ハイシーズンは避けた方が良さそうでした。頂上は広くてくつろげます。