八ヶ岳(2001.7.21〜22)

(赤岳鉱泉〜硫黄岳〜横岳〜地蔵尾根〜行者小屋〜赤岳鉱泉)

かねてより楽しみにしていた八ヶ岳登山です。家族で行くため自分は荷物が多くなりました。(昨年蝶ケ岳に行ったとき、荷物が重いと不評でした。あまり背負わせると「2度と行きたくない」との声が出そうで仕方なく多くなりました。)

今日はこの記録から  です 

7月21日

行    程

9:20

自宅発

11:40

美濃戸口(駐車場満車交通規制でこれ以上あがれず)

12:32

赤岳山荘(混んでいなければこの上の美濃戸山荘までは自動車で来られる(1000円/日)持参したお弁当で休憩

13:40

堰提通過

15:05

赤岳鉱泉着(テント設営後生ビールでくつろぎモード)

17:30

夕食(焼きそば・雑炊)

7月22日

行    程

4:00

起床 外は霧雨。娘に熱があるためこのまま撤収を検討し、雨がやむまでスモークポークをつまみに朝からウイスキー

5:45

天候回復。午前だけの予定で息子と硫黄岳登頂を決定

6:10

赤岳鉱泉発

7:10

赤岩の頭

7:23

硫黄岳(予定よりペースが速いので縦走を決定)

7:42

硫黄岳山荘通過。コマクサの大群落がすばらしい

8:20

横岳通過(鎖場や梯子があり子供のことが少し心配)

8:31

野辺山方面分岐通過

9:08

地蔵尾根分岐。赤岳はすぐそこなので息子が行きたがる。日程的に忙しいので地蔵尾根を下る(ザレていて子供には大変)

9:50

行者小屋着(缶ビール・ラーメンなどで食事)

10:20

行者小屋発

10:45

赤岳鉱泉着(撤収)

11:25

赤岳鉱泉発

13:05

赤岳山荘着(娘の具合が悪いため、この場所にザックを預けて美濃戸口までウオークアンドラン

13:30

美濃戸口から車で赤岳山荘まで引き返し妻たちと合流

13:53

赤岳山荘発

16:30

帰宅

赤岳鉱泉のテン場で持参したテント二張りを張る。4人用のテントを持っていないため私と息子班、妻と娘班に分かれる。テント2張りを背負うというのはリュックのスペース的にも体力的にも大変でした。あと何回か行くようなら大きいテントを買いたいですね。今後行く気になるか娘と相談します。

装備分担

(私)

テント2・シート2・シュラフ3・コッフェルセット小1・コッフェル中1・フライパン1・バーナー・カートリッジ・ランタン・ヘッデン・ラジオ・デジカメ・カメラ・ザックカバー・着替え・水・レインウエア3・非常食(計20キロ)

(妻)

シュラフ1・焼きそば3人前・着替え・行動食など

(娘)

着替え・インスタントラーメン・ガスカートリッジ・ウイスキー・水・おやつ

(息子)

カッパ・水・ヘッデン・着替え・虫除け・オレンジ缶詰・つまみ・おやつなど

-

7/21(土)

自宅で

おにぎり・唐揚げ・ウインナー・玉子

雑炊・焼きそば

7/22(日)

行動食(ジャムパン・チーズパン)

行者小屋でラーメン

自宅で

反省 子供が熱を出したのには参った。座薬が必要