槍ヶ岳〜槍沢コース〜 (2001.9.28〜9.29)

今日はこの記録から  です 

先週は仲間と鑓温泉に入りに行きました。「ヤリ」という言葉に何か引っかかるものを感じていたのですがわかりました。8月に裏銀座を縦走した際に(本来槍ヶ岳に抜けるコースを裏銀座コースというそうなのですが)あえてこれを行かずに笠ヶ岳に下りました。槍ヶ岳は何回か登っているので今更という気持ちがあったのですが、槍ヶ岳に行かずしてこのシーズンは終われないという気持ちがどこかにあったのでしょう。紅葉の時期にどこかへは登ろうかと思っていたのですが、涸沢や高瀬ダム方面をはずして槍沢を詰めての登山となりました。上高地から明神池までの間は観光客ラッシュで人混に揉まれながら歩きました。私も観光気分ではじめて明神池なるものを見てきましたが、250円拝観料がかかるとは知りませんでした。横尾まで来ると人も大分少なくなりますが、ほとんどの登山者は涸沢へ向かっていました。あとで聞くと山小屋は1畳に3人。これではお盆と同じですね。初日は槍沢のテン場泊まりと決めていたので急ぐ必要もありません。林道歩きがほとんどなので、ランニングシューズでテン場まで到着しました。これは大正解で特に上高地から横尾まではこれからもランニングシューズにするつもりです。

 槍沢のテン場は5張りほどテントがあるのみでのんびりできました。さすがに夜の冷え込みは厳しく、水場の水は朝凍っていました。夜はマイナス3度まで対応のダクロンのシュラフとシュラフカバーで過ごしましたが眠れる温度としてはこれが限界のようです。

 さてメインの2日目、今日の行程は長くなります。何しろ槍沢から山頂のピークハントをして夕方には自宅に帰らなければならないのですから。テン場はそのままにして朝4時20分にはヘッデンをつけてサブザックでのピストンです。さすがに荷が軽いと足の運びも軽くなり途中休憩をとらずに7時には槍の山頂を極めることができました。北斜面には雪がついて凍っているし、手は冷たいし山頂にはせいぜい10分ほどしかいませんでしたが、360度視界が開け、富士山まで望めたのには感激しました。

 槍からの下山途中の天狗原分岐地点は見事な紅葉でびっくり。朝はヘッデンをつけていたので気がつきませんでした。フィルムを残しておかなかったことを後悔。

 テン場を撤収して、ランニングシューズに履き替えひたすらのウオーキング。1時30分には無事上高地に到着しました。こんなに速く歩いたのは初めてかもしれません。

 



 

装備

ザック:ミレー75リットル・シュラフ:パイネエクストリーム700・シュラフカバー:イスカ・レインウエア・フリース・テント:ダンロップVL3・ウイスキー300cc・ビール500cc×2本・350cc×2本・食料・行動食など

食事

28日昼食 : コンビニで買ったキノコおにぎりセット・ビール350cc

28日夕食 : ソーセージ1本・つまみ・ビール500cc・ウイスキー・チーズパン1個

28日朝食 : みそラーメンに鳥五目おにぎりをぶち込む

おやつ   : 槍ヶ岳山荘前でビール350cc1本と柿ピーで乾杯

28日昼食 : カレーパン1個とビール500ccを徳沢で

 

標準CT

歩行時間

日時等

備   考

上高地

10:10

さすがに観光地

明神

1:00

1:00

11:10

明神池散策

徳沢

1:00

0:55

12:15

(昼食)

横尾

1:10

0:48

13:25

小休止

一ノ俣分岐

1:00

0:38

14:08

小休止

槍沢ロッジ

0:40

0:30

14:41

テン場申し込み

槍沢テン場

0:20

0:20

15:10

簡易トイレ有り

9/19 行程

5:10

4:11

9/20 4:20 

朝水場が凍って水が出ませんでした

今朝は雨が降っていたので、自宅出発を遅らせました。予定通り上高地に着く頃には晴れてきました。本日は槍沢のテン場が目的地なので、のんびりと行きました。おまけに250円払ってはじめて明神池を見ました。

天狗原分岐

1:20

0:54

5:14

あと2日位で紅葉の最盛期

殺生ヒュッテ分岐

2:00

1:31

6:00

朝から山頂まで休憩なし

槍ヶ岳山荘

0:40

6:45

槍ヶ岳山頂

0:30

0:15

7:00/7:10

寒いので山頂は10分のみ