裏銀座縦走(2001.8.23〜8.27)

今日はこの記録から  です 

夏の初めから暖めてきた、裏銀座縦走を行いました。テントを持って4泊5日の一人旅でした。22日から出かける予定だったのが台風の影響で1日延期となりましたが、まずまずの好天にめぐまれ楽しい旅となりました。

 

 

1日目 高瀬ダム〜烏帽子岳〜野口五郎テン場(2001.8.23)

4:00 起床

5:00 

自宅発

6:15 

七倉ダムでタクシー待ち。6:50に2回目のタクシーで出発。相乗りしたため、タクシー代は1000円也。

7:07

高瀬ダム到着、隧道を歩き登山口へ向かう。

8:15

小休止。キャラメルを食べて気合いを入れる。25キロは荷が重い。

9:26

左ふくらはぎに張りを感じて嫌な気分。

9:48

水準点を通過。

10:00

意味不明な岩「タヌキ岩」をカメラでパチッ。

10:55

烏帽子小屋到着。ガイドブックの所要時間6時間はウソでしょう。とりあえず小屋にザックをデポして烏帽子岳山頂に向かう。

11:30

烏帽子岳ピークハント。烏帽子の山頂は貸し切り状態ですが、あまりにも狭くてくつろげる状態ではありません。

12:03

小屋にの前でおにぎりをかじりながら一思案。予定ではここのテン場で宿泊するつもりでいたのが時間に余裕ができたため、野口五郎岳のテン場へ向かうことを決定。

恐るべきパーティー

私の1台前のタクシーに乗った関西を話す、平均年齢60才くらいの5人のパーティーがいました。ブナ立て尾根の途中で彼らを追い越し、その後烏帽子山頂をピークハントしてくると、小屋の前のテラスで4人がくつろいでいます。私が野口五郎岳への出発を決意して準備を始めると彼らもソワソワし始めました。どうやら野口五郎小屋へ行きたいようです。ところが一人足りません。話の向きでは途中でバテて休んでいるようです。結論は置いていくことに決めたみたいです。今日の宿泊予定地は烏帽子小屋なのに。

さてさて、その後途中まで同じようなペースで歩いて(一生懸命ついて来る)いくのですが。途中で「あと何時間くらいで野口五郎小屋につきますか?」といったことを聞かれます。やはりこればかりは返事のしようがありません。はたと彼らが持っている地図に気がつきました。これはルートマップでも地形図でもなくて、旅行会社のツアーでくれるようなタイムスケジュールなのでした。出発2:00−○○ホテル到着5:00−宴会7:00といったやつです。

 

12:25

小屋を出発。10分も歩かないうちに左太股の内側がつる感じ。ストレッチをして事なきをえる。

13:20

両足のかかとに突然の靴擦れ。あらかじめ予想して用意してあったソルボバンと台所用のスポンジで応急処置。

13:40

三ツ岳通過

14:20

大休止

15:10

野口五郎テン場着。設営後缶ビールを購入してくつろぐ。テン場は20人文ほど有り。かなり広げた様子。ちなみに宿泊はソロが3パーティー、ワンゲルが1パーティーでした。

16:00

テントの隣人は東京からの細野君。カシューナッツとイカをつまみにウイスキーを酌み交わしました。彼は翌日4時に烏帽子方面へ旅立ちました。

2日目 野口五郎岳〜水晶岳〜ワリモ岳〜鷲羽岳〜祖父岳〜雲の平(2001.8.24)

昨日野口五郎岳までこれたことから、今日の予定も変更する。明日登るはずだった鷲羽岳もピークを踏んでおこうと思う。

3:00

テントの隣人で夕べ酌み交わした、細野君は2時に起きて烏帽子方面に向かう準備をしている。早速起きてチャルメラに昨日のおにぎりの残りをつっこんで朝食とする。どうもパッキングの要領が悪くて時間がかかる。昨日のうちに小屋で水を譲ってもらっておかなかった事を後悔する。

5:05

テン場を出発。

5:20

野口五郎岳ピークハント。山頂は若干のガス。

5:48

真砂岳・湯俣温泉方面への分岐点通過。(靴擦れが気になる)

6:26

休憩。荷物が重くて体が振られるので岩場の多い下りがとても疲れる。

真砂岳付近で水晶岳を望む

7:00

東沢乗越で稲田君から電話有り。今上高地に着いたとのこと。彼は今日槍ヶ岳に登り、明日笠ヶ岳へ縦走の予定。私が出発日を1日延ばしたので、落ち合うことは不可能になる。

ついでに家に電話。妻がキックリ腰で苦しんでいる由。帰るわけにも行かないので忘れることにする。(帰った後が大変。果たして家に帰ったらすかさず嫌みを言われた。)

7:46

水晶小屋着。ジャムパンをかじった後、ザックをデポして山頂に向かう。(水晶小屋は10坪のプレハブ。小屋番2人は趣のある風貌)

8:00

水晶岳へ出発。

8:25

水晶岳ピークハント。この時間帯だけガスで視界がきかない。

9:05

水晶小屋出発。水晶岳のピークで知り合った浜本君と鷲羽岳へ向かう。私の予定は雲の平だが時間に余裕ができたため、先に鷲羽を踏んでおこうと思う。

9:36

ワリモ乗越を過ぎ、鷲羽岳の分岐地点にザックをデポ。

9:50

ワリモ岳通過(ピークハント)

10:20

鷲羽岳ピークハント。15分ほど休んだ後、来た道を引き返す。

11:15

分岐点で休憩。

12:05

祖父(じじ)岳ピークハント。ここまでの登り返しが意外にきつく、体はヘロヘロ。どうもエネルギー補給に失敗したようだ。山頂は広くケルンがいっぱい積まれていた。

12:18

ピークでの休憩を怠ったためバテて休憩。雲の平が広く下に望める。

祖父岳下りから見る雲の平

1:00

雲の平のテン場に到着

1:30

テント設営後に昼食のぺぺロンティーノを食べ一寝入り

3:00

休んだら元気が出たので、さらに栄養補給をするため、コンビーフの缶詰とビーフジャーキーそして、ポテトサラダをつまみにウイスキーをグイグイ。その後夕立に襲われたので、雲の平山荘方面の散策は断念。せっかく来た雲の平だが、一番良い景色を見ることがなかったようです。来年に薬師岳を登るときの楽しみとしておきます。

5:30

本を読んだり岩の上でラジオを聞いたりとゆっくりくつろいで明日以降に備えました。

3日目 雲の平〜日本庭園〜三俣蓮華岳テン場〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳テン場(2001.8.25)

昨日の反省からガス欠を起こさないように心がけるとする。今日のゴールは黒部五郎小舎のテン場だが、明日の行程が長いので少しでも進めておきたいと思う。

3:00

起床。身の回りの整理。荷物も少しづつ軽くなってきているのがわかる。

4:00

マルチャンの天そばで朝食。昼にはご飯を食べようと思い、アルファ米に水を入れていつでも食べられるようにしておく。

4:50

出発。いきなりの登りなのでゆっくりと足を進める。

5:15

祖父岳、日本庭園方面への分岐。

5:47

日本庭園はハイマツの中ののんびりしたハイキング。右手に今日の目的地の黒部五郎岳、遙か前方に明日の目的地の笠ヶ岳、左前方に槍ヶ岳を望む。良い天気になりそう。

日本庭園からの槍ヶ岳

6:55

三俣蓮華岳のテン場着。ここまでは祖父岳から一気に下り、黒部源流方面分岐を経て、同じだけ沢筋を登り返す。水が豊富でとてもおいしい。どうやら途中でルートマップを紛失してしまった。仕方ないので、今日は地形図とコンパスを頼りに歩くことになる。おかげで地形図の見方が大分わかってきた。

このときの目的地は黒部五郎岳なので重い荷を背負って出かける。まさか戻ってくることになろうとはmmm。

7:27

三俣蓮華岳のカールからみる雲の平の眺めがすばらしい特にその後方に見える薬師岳は是非とも登りたい。

8:05

双六方面、黒部五郎方面の分岐で15分ほどの休憩。空の青さに大満足。

9:05

急坂を下って、黒部五郎小舎につく。今日のテン場だが泊まろうかと考えるが、とりあえずピークハントだ。ピークまではコースタイムで2時間30分

9:15

ザックをデポして出発。

10:20

カールで休憩。黒部五郎の眺めがすばらしい。

10:55

ピークハント。鷲羽岳・水晶岳から槍ヶ岳まですばらしい展望が楽しめる。今回の縦走コースから少し外れている山だっただけに無理してもやってきて良かったと思うことしきりです。

お昼はアルファ米に鰯の缶詰で人心地。漬け物をもってくればよかった。

野次馬な話

山頂で老夫婦がカップヌードルミニをつくっておられる。夫「うどんが良いか?それともカップヌードルどっちが良い?」妻「私そういうのあまり食べないから。」夫「そういわずに、それならうどんを食べろ。」という会話の後に、とてもかわいらしいバーナーでお湯をわかし始めました。まず妻がうどんを食べて、その後またお湯を沸かして夫が食べて。夫「なんか少し酸っぱいな。」妻「あら、私お水じゃなくてポカリ入れちゃった。」夫「何やってんだ。本当にまずい。」妻「あたしポカリも嫌いだけどこれで栄養ついてよかったわ。」私「mmmmできる。」

 

11:10

山頂出発。

12:08

カールで1本。

12:40

黒部五郎小舎着。300円の野菜ジュースを買って、野菜を食べた気分になる。明日の行程が長いので、双六岳のテン場まで足をのばそうかとも考えたが、今日もほとんど休まず歩いていることに加え、4時間近い歩行はきついので、三俣蓮華岳のテン場まで戻ることにする。位置的には少し戻ることになるが、明日のことを考えれば歩行時間が1時間30分は短縮できるはず。

1:00

出発。来るときからわかってはいたが、この坂をいきなり上るのは大変だった。

2:05

双六、三俣蓮華岳方面の分岐で1本。途中まで話をしながら来た奥さんにミカンをいただきラッキー。

3:00

三俣のテン場に到着。さっさとテントを張った後で小屋へビールの仕入れとテン場の料金を支払いに行く。

3:30

小屋の前には鷲羽岳がそびえ立ち圧巻です。ソーセージやサラミをつまみに仕入れたビールで喉を潤す。小屋は2人で1畳とのこと。私のテントは3人用なので広さには感謝。しばし山や人間ウオッチングをする。狭いと言っては小屋に文句を言うオクサマや健脚自慢を繰り広げるオクサマから避難してそうそうとテントに戻る。(荷物が軽ければ速いのは当たり前ですよね。)

5:00

お腹がいっぱいでご飯は食べられません。レトルトの八宝菜とビーフジャーキー、そしてカシューナッツをつまみにして持参したウイスキーを飲み尽くしてしまいました。八宝菜はすごくおいしかったので今度来るときは、ご飯を減らしてもポテトサラダや八宝菜を多く持つことにしようと思います。

 

カールから見上げる黒部五郎岳

4日目 〜三俣蓮華岳テン場〜三俣蓮華岳〜双六岳〜弓折岳〜笠ヶ岳(2001.8.26)

今日の天気予報が良くない事に加え、行程が長いことから朝から気合いを入れる。連日明け方は満天の星であったが今日は雲の方が多いようだ。

3:00

今日の朝食は五目おこわ。同じメーカーの山菜釜飯が家族の間で評判が良かったので朝と昼の2食分を作ってみる。ところがポロポロして喉を通らないのでわかめスープにぶち込んで例によっての雑炊にする。昼も同じような状況を想定して、ストーブに永谷園の「ちょっと雑炊」を用意する。

4:45

 

 

出発。テン場から三俣蓮華岳への登りとなる。この時点では行く手に槍ヶ岳が見えている。

5:23

三俣蓮華岳山頂方面と双六岳巻き道の分岐で、勘違いをしてザックをデポしたまま三俣蓮華岳の山頂をピークハント。この時は鷲羽岳が見えていた。

5:31

予定の縦走路が山頂経由であったことに気がつき、分岐点までザックを取りに戻ることになる。昨日といい今日といい、三俣蓮華岳は2度手間である。

6:20

双六方面に向かっての小ピークを踏むが、このあたりからガスが出始めて視界がきかなくなる。

6:45

双六小屋方面のエスケープルートを通過し、双六岳山頂方面へ向かう。

7:07

双六岳ピークハント。何も見えない。テン場で一緒だったワンゲルの学生に写真を撮ってもらう。(聞くと唐松岳から上がり今日で10日目だという。最後はキレットを越えてジャンに向かうらしい。)

7:20

野球ができそうなくらい広い稜線を歩くが、踏み跡もいくつかに分かれていることに加え、視界がきかないから不安がよぎる。コンパスと地形図だけが頼りであるが、どうもおぼつかない。

8:00

双六小屋到着。槍ヶ岳方面と笠ヶ岳方面の分岐となるこの小屋はきれいである。晴れていればすばらしい景色であろう。

8:15

出発。

9:17

鏡平方面分岐。荒天時のエスケープルートに予定していた地点であるが、今のところ降り出さないので笠ヶ岳を目指すことにする。

9:27

弓折り岳一本。対向してきた方から巨峰を頂き元気が出る。

11:00

秩父平の手前で、エネルギー切れを防ぐために30分の大休止で昼食をとることとする。予定通りの五目おこわ雑炊であるが、休憩のタイミングはこれがベスト。食べ終わって出発の用意を始めたとたん雨が強く降り始める。

12:48

抜戸岳の分岐で1本。以外と長いなー。どうもコースタイムを読み間違えたらしい。等高線が詰まっている登りでは7掛けくらいで登れるが、稜線歩きは9掛けくらいで見ないといけないようだ。抜戸岳までは雷鳥の親子3羽が30分くらい道案内をしてくれたのがせめてもの救い。雨はシトシト降り続く。

1:50

笠ヶ岳のテン場到着。小屋はそこから10分ほど登らなくてはいけない。

2:10

小雨の中で幕営準備を完了しコーヒーを飲んでホッと一息。

3:20

アルコールを切らしているので、小屋までビールを仕入れに行こうと外に出る。雨は降っているものの、笠ヶ岳山頂が初めて見えたため急遽ピークハントを決定。

テン場から見る笠ヶ岳ピーク

4:00

笠ヶ岳山荘のロビーでビールを一杯飲む。そこでついでにワインを購入してテントに戻る。

5:00

カルボナーラをつくってワインで乾杯。明日は下山しなければならない。

9:30

今日はあまり眠くならないのでラジオで野球中継を聞いての就寝。テン場の半径100メートル以内に人影はなく貸し切り。雨は夜半にあがるも風もなく無音である。

5日目 笠ヶ岳〜笠新道〜新穂高温泉(2001.8.27)

今日は下山するだけである。いきなり現実に引き戻されて嫌な感じがする。別にあわてて下山する必要もないが妻が最近キックリ腰になったという情報を携帯で仕入れているので心配が半分と、嫌みを言われないように早く下りようという気持ちが半分で、気が急きいつもどおりの出発とする。

3:00

コーヒーとインスタントラーメンで朝食

5:00

下山開始。笠山頂はガスである。昨日のピークハントは正解。

5:50

抜き土岳分岐で休憩。

6:57

杓子平をすぎて展望石で休憩。

7:57

2100メートル地点で休憩。

9:00

おまけにもう一本休憩。

9:30

わさび平分岐(笠新道登山口)休憩

10:30

だらだらと林道歩きをして新穂高温泉へ。林道はダンプカーが多くて危ない。

11:00

バス停前のアルペン浴場で汗を流し、村営の売店でビールと酒とつまみを買って、バスの乗車待ち。ビール500円は山小屋並みだぞ。商売っけがありすぎるぞ!

12:40

直通バスで松本へ。