蝶ケ岳登山

2000.7.22〜7.23

 梅雨が明けて、夏山の季節となりました。来週は仲間で穂高連邦三昧ですが、今週は家族4人で、初の北アルプス(蝶ケ岳)1泊2日のテント泊となりました。最初は娘と2人だけで予定していましたが、4人用のテントが借りられたため急遽予定を変更です。

(装備)

 テント・ストーブ・電灯・コッフェルなどの装備の運搬は私が担当し、食料や着替えなどの運搬は妻が担当しました。子供たちもシュラフや自分たちの飲み水、おやつなど、ちょっとしたものは分担しました。

4:30 自宅出発

5:10 蝶ケ岳登山口(三股)駐車場着 持参したおにぎりやバナナで朝食

5:40 登山開始 1時間歩いて10分ほど休憩、その後は子供の様子を見ながら30分に5分   程度の休憩をはさんで登山する。

10:40 山頂はガスに加えて雨交じりでしたが子供たちも元気に山頂まで着きました。とりあえずテントを張ったあと、蝶ケ岳ヒュッテの休憩室を利用させていただき、おにぎりカップラーメンなどで昼食にしました。(山小屋で売っているカップラーメンは450円。高いので持参して良かったと子供たちが喜んでくれました。良い勉強になったことでしょう。)天候が良くないので昼寝をするが、子供は疲れたらしく夕方近くまで熟睡。外は寒いので私はカシューナッツをつまみに夕方までウイスキーを飲み続けました。

17:00ころ?(記憶無し)夕飯は焼きうどんソース味とハンバーグ、暖める焼き鳥にコンソメスープをとり、さっさと就寝。ところが台風の吹き返しで風が大変強く、フライシートの留め金が2箇所引きちぎれるなど大変な夜でした。(隣はフライが飛んでいてしまいました。)雨が降らなかったのはせめてもの幸せ。

6:30 風が相変わらず強く寒いので、山小屋でつくってもらったお弁当(ごはんがまずいのでお粥にして)を食べてさっさと山を下りました。3時間半ほどかけてゆっくり下山しましたが、下界は猛暑で下りてみるともっとゆっくりしていれば良かったと後悔しきりです。

11:00 三股まで下りて、持っていたけれど寒くて食べる気のしなかったミカンの缶詰や何やらを平らげて、ホリデー湯で風呂に入り無事に帰宅となりました。

今日はこの記録から  になります 

蝶ケ岳の指定キャンプ場で設営を終えて一息いれますが風が強くて寒い

常念岳方面はきれいに見えるが、穂高連邦方面の上層は雲がかかり見えなくて残念

息子は疲れて熟睡