戸谷峰 1629m(2001.12.2)

今日はこの記録から  です

松本市の北東部四賀村と三才山の境にどっしりとした山容を覗かせています。気にはなっていたのだが名前すら知らない山なのでした。職場の同僚に四賀村出身者がいるため山の名前を尋ねたところ、運良く登山計画があるとのことで同行させてもらうことになりました。案内人も子供の頃に登ったことがあるだけであり、その時は道に迷ったということなので、地形図とコンパスを用意して万全の(つもり)態勢で望みました。登山道はどこかよくわからないので、とりあえず尾根の末端から取り付くことになりました。ところが踏み跡はほとんど無く藪にしがみつき振り払いながらの格闘20分ほどでようやく尾根に乗ることができました。尾根の藪を振り分けながらなお歩くこと20分で祠1の地点に到着。御岳さまを祭ってあります。その地点には右側から分け入ってくる登山道があったのでした。その後また歩くこと20分、なだらかになって喜んでいたところ左手に突然軽トラックと林道が。まさかこんな所に林道があるとは。愕然としながら歩いてゆくのでした。三角点を過ぎて歩くことしばし、左手に怪しい人影がある。先ほどの自動車は鉄砲撃ちのものなのでした。1367地点は見晴台となっており四賀村の「けつだし山」こと入山がきれいに望めます。最後の人登りに近くなるころには、また鉄砲撃ちがいます。沢のツメ近くに待ちかまえて下流域から追い上げてくる猪を撃っているようでした。事実下山途中で猪を見かけました。山頂へ着いたのは午前11時。スタートから2時間20分のコースタイムでした。山頂からは松本平がよく見えます。北アルプスはガスもようで見えませんでしたが、持参したビールやらウイスキーやらラーメンで十分に堪能してからの下山となりました。ところがここから大変なことになります。青ラインを通って下山しようと、宴会をしながら決定したのですが、ここからが大変なことになります。小宴会を張ったあとだけに何も考えずに支尾根に向かって下山を始めたのです。赤ラインのA地点にいるのに青ラインのA地点と信じて疑わないのです。B地点でやっと怪しいぞと思うようになったのです。地形図も開いてコンパスも持っており、おまけにGPSもあったのに何をやっていたのでしょうか。左側はかなり急峻な谷で落ちたら大変なことになります。既に現在位置を思い違いしているので、怪しいと思いながらも万が一のために尾根沿いに下山しました。大変な藪こぎでしたが下山してびっくり。取り付き地点だったのです。下山に要した時間は約3時間、良い教訓になりました。あたりまえですが下山するときはコンパスと地図で方向確認を・・・。里山の沢は猟師がいて危険。気をつけないと北アルプスより数倍危険ですね。


登山口は四賀村保福寺南の尾根からいきなり藪こぎとなる。もっともしばらく行くと祠に行くための登山道やはたまた車道まであることに気がつくのだが


山頂から六人坊を望む。