涸沢敗退(2000.7.28〜7.29)

この夏のメインと位置づけて穂高連邦を散策と決めていました。初日は涸沢でテント泊。2日目は北穂から涸沢岳を経て奥穂経由で涸沢まで。最終日は再び奥穂に登り前穂を経て岳沢経由で上高地という計画でした。

 初日、島々に入る頃にはすでに雨が降り出しています。上高地で雨具をつけて歩き出すがついに土砂降りとなり、涸沢までついに雨はあがりませんでした。寒い中をあわててテント設営したものの雨足は強まるばかりウイスキーを飲んでの沈殿でした。翌日空を見上げると、小雨模様で上は完全に怪しい、明日も状況は同じということであっさりと引き返しました。

(反省)

薄いシュラフは大変寒い。(市)ザックが小さいと都合が悪い。もう少し良い靴が欲しい。(私)ランナーの登山靴はターサーだ。(永)

今日はこの記録から  になります 
涸沢のテント村は例年になく寂しい状態です。残雪が多いためか天気が悪いせいかは謎です。涸沢ヒュッテは大混雑でした。中年の我々が若い方から数えて何番目というくらいです。シルバーパワーは凄い。