爺ケ岳(家族で)2001.7.15

妻の突然の発案で、爺ケ岳へ登ることになりました。来週八ヶ岳の赤岳登山を行い、行者小屋前でキャンプを行う予定なのですが、足慣らしのハイキングを行いたいとのことでした。

朝目が覚めると5時を回っているではありませんか。たしか5時に出発する予定だったのに、あわててみんなを起こしての出発になりました。

5:30 自宅前発 −  6:35 扇沢着 − 6:40 出発 − 7:25 八ツ見ベンチ(10分休憩) − 8:20(2回目の休憩10分)このあたりでは勾配も急でゴールの種池山荘が見えるため家族にとってはかえってきつく感じられたもよう。針ノ木雪渓や鳴沢岳が非常にきれい − 9:30(3回目の休憩15分)ここまでは緩斜面となったことに加え小雪渓を2カ所通過したり、ツガ桜やコイワカガミのお花畑を通るので気も紛れる。10:05 − 種池山荘到着 完全にガスっており視界がきかない。娘も疲れているようなので山頂へはいかないこととし、持参したビール、ウイスキー、カップラーメン、焼き鳥の缶詰などで昼食(小宴会)ガスがさらに巻いてくるので早めの下山準備 11:53 出発 のんびりと下るため途中で数回の休憩を入れる。 八ツ見ベンチ付近で雷雨に見舞われ、レインウエアに着替え2:50扇沢到着。4:00には家に戻りました。

9時頃からガスが出てしまったので展望がきかず残念でした。途中から見えた鳴沢岳〜針ノ木岳への縦走路はおおらかでいつかは行ってみたいと思わせるコースでした。

(帰る途中にデジカメをなくしてしまいました。がっかりしていたところ川村さんという方が拾い、宅急便で送ってくださるという有り難い電話を今朝頂きました。届き次第写真を掲載します。)今日届きましたありがとうございます。7/18

 

今日はこの記録から  です