穂高連邦2001.8.3〜6

今日はこの記録から  です 

昨年の今頃、燕岳で知り合いになった福島県の友達が来ました。3人とも高校の先生で山岳部の顧問として活躍しています。

今回は私の息子を連れて行ったので、危険な場所はやめようとお願いして、涸沢にテントをはり、北穂高岳と奥穂高岳のピストンをしました。好天に恵まれた上に時間的な余裕もできたため、涸沢のテン場は宴会場となってしまいました。当初は2泊の予定でしたが、あまりにも天気が良いため無理言って1日のばしていただきました。持参したアルコールを合わせると、酒2升、ワイン1升、ウイスキー1.3リットルといった結構な量なのですが、2泊の予定だったのでそれにあわせて飲み終わってしまったのにはびっくりしました。すばらしい料理もご馳走になり私も息子も大満足です。またいろいろのノウハウを伝授していただいたので次の山行に役立ちます。来年はキレットを越える予定なので今から楽しみです。

涸沢のテン場に3泊ものんびりできた旅はとても満足でした。

8/3(金)

1日目

5:10

松本インターチェンジで合流

6:10

沢渡上駐車場

7:05

上高地発

8:10

梓川右岸経由明神池(10分休憩)

9:15

徳沢園(10分休憩)

10:35

横尾(15分休憩)

12:00

本谷橋(昼食)持参したおにぎり、タクアン、チャーシュー

12:40

出発

13:10

Sガレ通過

13:40

10分休憩

14:05

涸沢テン場到着

15:00

テントを設営後、涸沢ヒュッテ前で同行の仲間を待つ

15:30

涸沢ヒュッテのテラスで大宴会(生ビール・ワイン・福島の地酒・もつ煮・青椒牛肉絲・ザーサイなど)

下呂温泉のナイキさんと知り合い、翌日一緒に北穂に登ることを約束

18:00

テン場で幕営準備完了

19:30

おにぎりの残りで雑炊を作り息子に与えて就寝

8/4(土)

2日目

4:00

起床(ロールパンとスープで軽い朝食)

4:45

出発

5:25

ガレ場で休憩

6:15

前穂を眺めながら休憩。奥穂の山頂はガス。

7:50

山頂到着(息子と私は一足先に到着したので、缶ビールで一息、インスタントラーメンを作り朝食)槍ヶ岳方面はガスが巻いているが時々穂先が顔を出す。

9:00

下山開始

12:00

涸沢のテン場到着

12:15

涸沢ヒュッテ前のテラスで宴会を開始するも突然の雷雨で早々にテントに退散。本日明神まで下るナイキさんが気がかり。

雷雨は14:15にあがる。さっそくテン場で宴会開始(五目御飯・スパゲッティー・麻婆春雨・キンピラゴボウ・スモークポーク・雑炊・玉子丼などすばらしいご馳走がならび私と息子は吃驚仰天)

19:15

就寝

8/5(日)

3日目

4:00

起床(ロールパン・コーヒー・わかめスープで軽く朝食)

4:30

本日、ザイテングラード手前で景色を眺め上高地に下山するよていだったが、あまりの天気の良さに圧倒され、同行の星先生、志賀先生、蛭田先生にもう一泊することを提案快諾を得る。

4:45

出発

7:10

穂高岳山荘到着(チョコスプレッドとパンで息子に補給を続けてきたが、息子はガス欠気味。子供には御飯が必要だと痛感する。おやつをたくさん分けていただき息子は大喜び)

ザイテングラードで

7:45

奥穂高岳へ登頂開始。(子供が元気がないのに加え、梯子や鎖の難所があるので息子だけ穂高岳山荘のテラスで昼寝)

8:45

遠くは富士山まで望める360度広がる展望を眺めながらのんびりとハイキング。山頂で十分景色を楽しみ、穂高岳山荘のテラスへ向かう

9:45

穂高岳山荘を経由して涸沢岳へ向かう。息子はガス欠で登るのを嫌がっていたが、だましだまし連れて行く(またしても頂いたおやつに感謝)

奥穂山頂付近から見る北穂と槍

10:35

山頂での景色を楽しみ、涸沢岳を下山(志賀先生と蛭田先生から来年キレット越えをしたい旨の提案あり)

11:00

下山開始

13:00

涸沢テン場到着(涸沢ヒュッテのテラスで生ビールとおでんで乾杯。ガス欠だった息子はヒュッテのカレーライスを食べて復活)

テントに戻って、(スパゲッティー・とり御飯・マッシュポテト・缶詰などで宴会。今日は下山の予定だったので、日本酒2升・ワイン1.8リットル・ウイスキー1.3リットルはすでに飲み尽くしてあった。焼酎を仕入れてもらいまた乾杯。酒の持ってくる量が少なかったのかと考えてちょっと反省・・・飲み過ぎ?)しかし用意していただいた食材の多さに感心しきり。ザックの重さはダテではありません。さすが高校の山岳部顧問の先生方。

8/6(月)

4日目

3:45

起床。今日は下山する日。昨日の反省を元に、息子には夕べのあまりの御飯入りインスタントラーメンを与える。私は七味唐辛子をたっぷり入れてご機嫌(ところがこれが)

テン場で記念撮影、土日の涸沢ヒュッテは予約しても、3畳に8人の宿泊だったとのこと。でもテン場はガラガラ。

5:10

名残を惜しんで出発。30分も歩かない内に私の左目に指すような痛みが走り左目があけられない。思い起こすに七味唐辛子が手かどこかに付いていたのを汗をぬぐった際に目に入ったらしい。(痛くて失明するのかと思った)

6:20

本谷橋(10分休憩)目もやっと落ち着く

7:25

横尾(10分休憩)

8:20

徳沢(10分休憩)

9:15

明神(15分休憩)

10:05

河童橋

11:00

沢渡(駐車場付近で一風呂浴びる)

11:50

沢渡発

12:45

松本の実家へ帰宅して、先生方と懇親会

 

(私)

ザック75リットル・テント(DUNLOP)・グランドシート・シュラフ・シュラフカバー・エアーマット・シルバーマット1・コッフェルセット・バーナーセット・ヘッデン・着替え・ザックカバー2・レインウエア・傘・ラジオ・ビーサン・トレッキングポール・日本酒1升・ウイスキー500cc・水1.5リットル・食料(インスタントラーメン・アルファ米・スモークポーク・シャウエッセン・つけもの・パン・レトルト食品・チーズなど)非常食(チョコレート・カロリーメイト・グミ・カシューナッツ)

(息子)

Dパック・シュラフ1・レインウエア1・シルバーマット・水1リットル・ヘッデン1・ナイフ1・おやつ(ゼリー2本・みつ豆など)沈殿用ゲームボーイ

反省点

子供は思った以上に食べるので、ご飯類を多く持参する(子供の喜ぶおやつを多くする)

テーピング・カットバンなど少し多めに持つ・靴擦れ防止用にスポンジ持参・行動用の水は1リットルをザック以外に持つ

岩場でのビーチサンダル(不注意で足を怪我)

唐辛子のついた手で目を触らない(当たり前?)