快晴に恵まれた穂高連邦(2000.8.18-20)

8月18日(金)

山の上は若干のもやがかかっているものの、晴れている。パノラマコースを通る予定であったが残雪のため立ち入るなとのことでやむなく横尾経由で涸沢へ入る。時間も早いので生ビールとウイスキーで宴会。

7:10 上高地発 8:35 徳沢園 9:40 横尾 10:45 本谷橋 12:30 涸沢

8月19日(土)

深夜に目覚めると満天の星空。あわててキャンプを撤収し北穂高岳へと向かう。途中10分と5分の休憩を入れて、2時間半で山頂に立つ。昨年に続き北穂は快晴で出迎えてくれる。生ビールで乾杯後に涸沢岳へ向かう。今回唯一の難所である。D沢のコルあたりで大落石の音にビビる。涸沢岳に着いた時はガスが捲いてきていた。穂高岳山荘でビールとウイスキーで乾杯後、相棒は昼寝、私は奥穂高岳山頂まで散策に出かける。奥穂はガスっていたが、山頂で知り合った、広島県福山市の槙さんという素敵な女性と知り合い、おまけに前穂の絵を描いていただき感激しました。彼女たちは横尾にベースを張り、クライミングをしているとのことでした。その後いろいろとお話を伺いながらウイスキーをちびりちびりとやりました。

3:30 起床(テント撤収) 4:20 涸沢発 6:50 北穂高山頂 7:40 北穂出発 9:50 涸沢岳山頂 10:10 穂高岳山荘前(幕営準備) 12:00〜14:00 奥穂高岳散策

8月20日(日)

今日も快晴。あわててキャンプを撤収し奥穂山頂へと向かう。視界を遮るものは無くアルプスの山々が見渡せ、雲海からのご来光は、さすがに圧巻です。吊尾根をとおり前穂へと向かう。ここから見るジャンダルムや西穂の眺めはすばらしい。来年は西穂からの縦走を心に誓う。あとは帰るだけ、岳沢ヒュッテまで一気に下る。ここでまたまた生ビール。上高地はこの夏最期の掻き入れと見えて大混雑。早々に沢度に引き上げ、ひと風呂浴びて生ビール。(快晴に恵まれ暑いのでこの旅はよくビールを飲みました。)

4:00 テント撤収 4:30 出発 5:00 奥穂高岳 5:30 出発 6:40 紀美子平(山頂往復・朝食) 7:55 出発 9:40 岳沢ヒュッテ着 10:10 出発 11:50 河童橋

 

 

今日はこの記録から  になります