表銀座〜大キレット縦走(1999.8.27-29)

遠い昔の出来事だが、職場の仲間と一緒に登った際のメモが出てきたので記憶を頼りに掲載する。

8月27日(金) 中房(6:00) _ 合戦小屋(8:45-9:00) − 燕山莊(9:50-10:50) − 大天井ヒュッテ(13:45)

どこで待ち合わせたのかは、もう記憶に無いが、タクシーに4人乗り中房温泉へ向かう。もとより曇天ではあったが、既にタクシーの中でポツリポツリと雨が降りだした。中房温泉にて雨具をつけて登りだす。第2ベンチ付近で、榎本君が不調、足が攣ったと訴える。さすがに20歳の若者は回復が早く、事なきを得る。燕山莊に到着したのは10時前、ここで1時間の大休止をさせてもらうことにする。榎本君が持参したレインウエアはいわゆるビニールガッパである。大丈夫かとも心配するが、とりあえず目的地の大天井ヒュッテまで向かうことにする。雨は降り続いているが、幸い風はたいしたことが無かった。コマクサを眺めながらヒュッテに到着する頃には雨も小降りになってきた。小屋泊まりで、びっくりしたことは夕食の料理に魚か肉が選べると聞かれたこと。迷わず肉料理を選択した。

8月28日(土)  大天井ヒュッテ(5:00) _ ヒュッテ西岳(7:00-7:40) − 槍ヶ岳(11:20-12:30) − 南岳小屋(14:40)

今日のイベントは、小学5年生の時に父に連れられて登って以来の槍ヶ岳である。天気は曇りだが、いつ振り出しても不思議でないような天気である。小屋で朝食を弁当にしてもらい、朝の5時には出発する。2時間ほどで西岳の小屋に到着し、小屋の前の湿ったベンチで朝食をとる。十分に休憩を取った後は、西岳の大下りに入る。ここを下ってから東鎌尾根の登りは、昨年の上高地群発地震により、梯子がつけかえられた部分であり随所に地震の爪跡が残っていた。水俣乗越あたりからついに雨が降り始め槍ヶ岳山荘に到着したときは視界が悪い。それでも山頂へ行きたい自分とyukkyは二人で槍ヶ岳のピークを踏みに行く。何も見えなかったが寒い中をビールで乾杯して記念写真をとることにした。雨は降っているが、時間も早いので南岳へ向かう。雨風が強くて、ただ耐えるだけの歩行であったがきれいな南岳小屋で一晩過ごすことができた。

8月29日(日)  南岳小屋(5:00) _ 北穂小屋(8:40) − 涸沢ヒュッテ(11:45-12:20) − 上高地(17:20)

最終日は、やっと晴れた。天気が悪ければ南岳から槍沢へ下山も仕方ないと思っていたところだが、嫌がるI氏を騙して、無理やり大キレットへ向かう。幸い先行する高齢者パーティーがいるため、気を取り直したようだ。馬ノ背や飛騨泣きは、現在はガチガチのアンカーが埋め込まれているがこの時はまだ、足場が悪かった気がする。何とかキレットを越えて北穂の小屋に着いたときにはすばらしい快晴になっていた。涸沢ヒュッテにて生ビールを購入してみんなで乾杯。最後に快晴となったため印象深い旅になった。

今日はこの記録から  になります