常念岳−蝶ヶ岳(1999.7.24-25)

職場の同僚であるアライチャンとの登山は、前常念経由で常念小屋に泊り、2日目に蝶ヶ岳を回って下山するコースを計画した。計画を耳にしたyukkyは日帰りで常念岳を往復したいとの事で出発することになる。今回の最大の心配事はアライチャンの体力なのであるが、本人はいたって平気である。三股の駐車場から登山口までの林道をガンガン歩いていく。ところが、登山道に入った途端、亀の歩みになる。・・・・・どころか、1時間もしないうちに座り込んで動けない状態である。涙目になりながら登る姿は痛ましいものがあるが、叱咤激励しながら前常念までたどり着く頃には快晴になる。ここで、既に動けない状態のアライチャンはトラバース道を利用して、常念小屋へ向かうことになる。本日下山しなければならないyukkyと、ピークを踏み景色を堪能してからyukkyに別れを告げ常念小屋へ戻る。今年は常念小屋開設80周年記念との事で宿泊客には木製のキーホルダーが配られた。

朝起きるとガスが出ている。雨が降ることはなさそうだが蝶ヶ岳縦走に向けて常念岳への登りは強風の中である。アライチャンは残念なことに、新婚旅行で購入した記念のアポロキャップを吹き飛ばされてしまい意気消沈モードである。常念岳の山頂は残念ながらガスの中。自分は昨日眺めているから良いとしよう。蝶ヶ岳へつく頃には快晴になる。ビールを飲んでちょっとした冒険が終了した。

懐かしい登山から 今日で になりました