梓川山田杯公認コース検定(2006.6.25)

公認コース検定補助員をしました。長さ50mのワイヤーロープを持って移動するという、おそろしく原始的な方法がとられていたことにビックリしてしまいました。マークが終わると50メートル走っては、またマークするという積み重ねです。コーナーでは路側帯や中央分離帯に沿って最短距離になるように計測していきます。この方法が一番確かだとのことですが・・・・。確かなのは陸連と検定員の権威。

 

動員された中学校の陸上部員


計測開始


コーナーでは路側帯に沿って計測


50mごとにポイントを記入、ここから50m走ってまたマーク


先は長い


折り返し点など主要ポイントには鋲を打ち込み、ペンキでマーク


ワイヤーは強めに張る