第4回島内地区超大マラソン大会(2005.11.13)

(男子5キロの部)
昨年に引き続き今年も地区のマラソン大会に参加しました。私が参加したのは距離は5キロのクラス。参加者は一般成人4人、中学生3人の7人だけです。ここに一般女子3名を加えて10名のスタートとなります。3位までが入賞ということで商品も出ます。そこで気合を入れようとして見回したところ、痩せた冴えないメガネの兄ちゃんと少し体格の良いお父さんが目につきました。とりあえずコイツラには楽勝とタカをくくった後、「優勝タイムは15分くらいだろうなあ。」なんて言って、体が硬くなるように中学生に思いっきりプレッシャーをかけます。そして中学生のお母さんに睨まれます。その他の敵は鉢巻姿に赤いランシャツの兄ちゃん。こいつはランナーにしてはプチファットながら何かの選手らしく手ごわい雰囲気があります。昨年も出場していました。見つからないように遠くから「エイ」っと睨みつけておまじないします。
 ところが、ちっとも始まりません。10時スタートのつもりでスタンバイしたところ、1.5キロの子供の部がスタートしてゴールして・・・、その次の3キロの部がスタートしてからゴールして・・・・やっとスタートかと思ったら人手が足りなくてスタートできないと運営本部で揉めているそうです。(有り余るくらいの手厚い運営委員がいるんですけど)なんだかんだで1時間近く暇をしてやっとスタート。
スターターは村で知る人のみぞ知る名士の元議長センセー。そんなことはどうでもよく「プチ」としけた音のピストルでスタート。体力温存でブチ抜く作戦を練りながら最後尾からスタート。やつらは結構速いなあ。なんて考えながら角を曲がったら・・・。なんとトップ集団は150メートルも前を走っている。近くを見回すと20メートルほど前に女性が3人とお父さんが団子状態で走っています。「いかんなあ。これでは追いつかないとペースを上げようとするも後の祭りです。」・・・・て言うか、全く歯が立たないんですけど。重い足を引きずってお父さんを一人とお姉さんたちを抜き無事ゴール。なんとか6位の栄冠を勝ち取りました。ちなみにトップ集団は5人で形成されていました。トップのタイムは15分代前半、私の前の5着は17分。ちなみに私は6着で22分。最後尾でも23分代。なんじゃああああああ。たった5キロで5分も離されるとは・・・・協議役員の方たちは心配したに違いない。
付け加えますと、痩せたメガネの兄ちゃんが優勝。なんか立派な大会でも優勝している人だそうです。



(女子5キロの部)
このクラスは男子3キロと同じスタート。参加者は3人だから完走すれば入賞は確実である。娘を呼んできて商品を狙わせようかとも考えるが、言うことを聞く筈も無いので諦める。今年も参加したのは「ドクルトおねえさん。」オフィスを回ってはアマ−い薬を売る人である。やはりドーピングしているだけあって成果は抜群。公約どおりの優勝となりました。ところで「ドクルト」さんは8月で転職されたそうです。その後のハンドルネームは「ドクルト」を使用しています。売っているときとはえらい違いだ。



(男子3キロの部)
嫌がる、一番の家来である長男を無理やり3キロの部に出場させる。「おまえだって陸上部なんだから走れ(父)」「おれは短距離だからダメだ(子)」「ふざけるな。出ないならアベベ駅伝クラブに強制的に入れるぞ(母)」などのやり取りの末、3キロで合意。それなりに頑張ったらしく10分30秒くらいで3位入賞。うらやましくも賞状と商品をゲットしてきました。


この大会は参加料無料、当日参加可能。ポカリスエットと文房具が記念品にもらえます。