島内地区大マラソン大会(2004.11.14)

私の住んでいるところは、島内。昭和の大合併により松本市に併合された村である。例年駅伝大会が行われていたのであるが、人数が集まらないため、数年前よりマラソン大会に変わったとのことである。

クラスは、1.5キロ、3キロ、5キロの3コース。今回は息子と二人で初参加、息子は3キロ、そして私は5キロにエントリーしました。事前情報によると、参加希望者は全体で25人ということなので、各クラスの平均参加者は8人程度「しめしめ、これで入賞はいただきだ〜。」と出かけたところ当日参加者が多くて結構盛り上がっている。

私の出場クラスには、おそろいの赤白のランシャツ・ランパンが4人、そして中学校の陸上部が数名。(実は娘が陸上部に所属しているから知っているのだ。)そして私と同じような市民ランナーと、職場にやってくる「ヤクルトおねえさん。」など約20名でのスタート。

ジョギング参加のつもりで走ろうと思って、最後尾からスタートしたが、あっという間に離される。「さすがにこれではいかんぞ。」と自分に言い聞かせて、500メートル地点から気合いの入れっぱなしでゴール。自己ベストに近い20分10秒という近年まれにみる好タイムでゴールしたものの、結果は9位でした。後で聞くとおそろいのランシャツは、長野県縦断駅伝のメンバーと言うことで、15分そこそこでゴールしていました。もちろん中学生も16分から18分くらいでのゴール。(おめ〜ら。出る大会が違うだろう。)最後尾でも25分かかっていませんから、すばらしくレベルの高い大会です。

ドクルトおねえさんは女性2位で堂々の入賞でした。

参加寮無料、ゴール後にポカリとシャープペンシルを頂きました。交通安全協会の皆様お疲れさまでした。