松本城のご意見番、碇屋さんは天守下見板の漆塗り替えに始まり、天守屋根の掃除や保全活動全般を担当してくださいます。国宝保存に係る、熱い思いと努力を寄稿いただきました。


松本城のこと

                碇屋公章

○ カラス城の正体 

松本城が美しいと言われる理由のひとつに、「青空、白と黒のコントラスト、朱のポイント」と色彩美があげられますが、この下見板の黒い部分と月見櫓の朱い部分が漆塗りで、その塗替え作業が私の仕事です。作業手順は、先ず軒下や壁全体のすす払いと鳩の糞を取り除くことで、仕上げた所に塵や汚れを付けないためです。次に天守閣の上から下までホースで水洗いをします。この段階で白が白であり黒が黒となりますが、黒を更に黒く塗ることによって一層白が白くきわ立ちます。この黒い下見板ですが、水洗いをすると前回の下塗りをした状態にもどるので、毎年上塗りを1回しています。この方法だと手間も費用も僅かで済み、毎年同じ状態が維持できます。これは1966年に当時の文部省が松本城をモデルケースとして始めたことです。稀に下地まで剥げてしまった場所には解体修理時にしたのと同じ下地をします。すなわち、松煙墨を柿渋に混ぜたものを塗ります。木が柿渋を吸う力で墨粉を木材内部へ引き込むので墨が定着し渋が防腐材の役目もして目止めと下地が出来ます。カラス城といわれるその黒はそもそも下地の「墨」なのです。昔の一般の板塀や門、柵などはこれを塗り重ねたものでした。松本城は解体調査の時、板と板の重なり部分から「漆塗り」が発見されたことから昭和の大修理の祭、同じ材料、同じ塗り方で漆塗りが施され、現在まで続いています。朱塗りの月見櫓はシートですっぽり覆って、傷みの烈しい部分を修復し、錆で下地を施し、下塗り、上塗りをします。この覆いは足場も兼ねますが、目的は高湿度を保ち風を防ぐ漆室です。

○ 9月が最適

 漆は自らがもつ酵素の働きによって塗膜を変化させ硬化します。これを「乾く」といいますが、乾かすのには適当な温度と湿度が必要です。お椀など乾かすのに湿度70%位の漆室に入れます。お城の漆塗りは気温や雨に左右され、霜が降りるようになるともう出来ませんし、真夏や真冬もだめです。結局春か秋ということになるのです。特に湿度、雨というと6月がいいように思われがちですが、梅雨前線は気まぐれで全く雨の無い梅雨時もあります。そこへゆくと秋雨前線は規則正しく西からやってくるので、雨の降る日を容易に予測でき、仕事の段取りがつきます。台風も襲ってきますが、それも準備して一時凌げば平気です。9月の雨は雷雨やにわか雨のように吹付けることもなく、軒下でも仕事が出来ます。真夏の日差しに傷めつけられた木肌を秋に回復させてあげるのです。また9月は観光客もめっきり少なくなってお客にも迷惑を掛けません。

○ 何にもたさない何にもひかない

 年々傷みが進んでいくのを見て、これをこう改良したほうがいいのではないか。好い材料が開発されているので、それを使ったらどうか。もっと簡単な方法を研究したほうが……。と心配する人がいる。しかし文化財の補修というものは「同じ材料、同じ工法」が原則で、常に築城当時の状態を維持し続けようとする頑固な挑戦です。漆に勝る堅固な塗料が有るからといってそれを塗ったとしたら、400年前にそんな化学塗料があったのかという問題に、よく剥げるからといって欄干を布着せという工法に替えたとしたら、当時の殿様がそれだけの財力があったのかという、歴史をも変えてしまう問題に発展してしまいます。ですから最初の材料、工法をどんなことがあっても守り、綿々と維持していく努力が大切です。今も解体修理時、取替えとなった400年前の桧を補修材として保存して、毎年埋め木用として少しづつ使っています。何か新しいものを足したり、新技術を導入したり、また合理化して手間を省いたりしてはいけないのです。「昔からこうしている。文句を言うな。手本は目の前の先人の仕事だ」の世界です。

○ 夜間作業

 長い年月で割れやササクレ等の傷みが進み、棘が足に刺さったりして観光客を悩ませます。そこでそれを防ぐ為、板の割れ目やササクレを研いた跡に、「コクソ」という漆のパテのようなものを埋めていきます。強力な接着効果があって割れのある板もそこからは割れが進みません。観光客の歩く床板であることと、かぶれ易い漆を使用する事から、昼間の作業が出来なくて夜間の作業となります。しかも朝までに乾かすため、時間の余裕もありません。親父がやっていた頃は、電気設備が無いので懐中電燈を照らして、一人で床を這いずりながらやっていました。今はどうゆうわけか各階にコンセントがあるので照明には困りませんが、使う「コクソ」の量が年々増えてきました。

○ ガムとタバコは嫌いだ

 仕事場は主に屋根の上ですが、その前に厳しいゲートを通過しなくてはなりません。各階の格子には屋根に出られように工作をしてあります。この格子の隙間から外にでるのですが、幅25?しかないのです。はじめの頃は容易でしたが、最近息を止めないと通過できません。これをクリアーしないと仕事にならないのです。屋根を歩く時に常に注意していることは、自分の体と持物を落とさないように、瓦を傷めないように、それとごみを拾うこと。屋根にはさまざまなごみが落ちています。一番多いのが入場券、次がテッシュペーパー、そしてハンカチ…・これらが下までヒラヒラ落ちてくれればいいのですが、捨て瓦の下に溜まっていたりします。これが怖い。これにタバコが投げ捨てられたり、火の粉が飛んで来たりすると火事にもなりかねません。実際タバコの吸殻も多いし、夏はお堀の対岸から打上げたロケット花火も到達しています。近年西堀で起きた大火の翌朝、屋根の点検で手のひら位の炭片をいくつか拾いました。変わった落し物ではカメラ。お城から家に電話があって行ってみると、メタルケースで望遠レンズの付いたしっかりしたやつが屋根に落ちています。鉄格子の外へカメラを差し出して美ヶ原を写したようです。下は観光客が歩いているのでそこまで落ちたら非常に危険なことでした。私はカメラより瓦が割れていないか心配でした。屋根を汚すもののトップは鳩の糞、捨て瓦下の雀の巣や軒下の鳩の巣は火災の危険性からすぐ取去るのですが、いたる所にとまる鳩は防ぎようがありません。防御ネットなどの工作物は勿論許可されません。汚れたものはこまめに掃除をする。これが鉄則で、年間定期的に鳩ふんの掃除をしています。壁を汚すのは蜘蛛の糞、最近蜘蛛の巣がやたら多いのです。原因が分かりました。お城のライトアップです。照らされた明かりに虫が集まり、ワナを掛ける蜘蛛も活躍の場が多くなったわけです。蜘蛛の巣採り機というものがあるようですが、壁を傷めてしまうので、蜘蛛の巣はやはり蜘蛛の巣で採るにが一番です。先ず、長箒の先に蜘蛛の巣を絡めてその蜘蛛の巣で綿飴を作るように巻き取っていきます。この作業ではなかなかの熟練工です。屋根を歩いていて踏んではいけない物にガムがあります。これは始末が厄介で手を付けると、その周りをさらに汚してしまいます。そっとしておいて冬に回収します。ポロッと取れます。

 また屋根で仕事をしていると、観光客からいろいろ話掛けられます。「何を塗っているのですか?」の問いにすぐに「漆です」と答えられないのです。漆と聞いただけでかぶれてしまう人がいるからです。様子を伺いながら返事をします。屋根ばかりではなく資材を担いで運ぶため、石垣も歩きます。石垣も屋根同様注意しますが、石間から生える雑草やツタ、木の芽などはことごとく抜いてしまいます。石垣が将来土を奪われたり、石が脆くなったり、動いたりしないためです。堀の石垣はツタが生えたり苔むしたり風情がありますが、天守閣の石垣は石そのもので、これも私の仕業です。