国宝松本城の防災対策

先月、長野市の善光寺で文化財への落書きがありましたが、とんでもないことです。国宝松本城天守内でも、よく見なくとも、柱にナイフのようなもので訪問記念を刻んだ名前がいくつもあります。非常に見苦しいものですが、これを削り取ることもできないのです。なぜなら削ることが国宝としての価値を、それ以上に落としてしまうからなのです。「保全と美化」の間で悩ましいですが、心ない行為がなくなればと願います。

醜く刻まれた訪問記念

防災や防犯対策も完璧を心がけます。定期的な巡回も絶対に手を抜きません。

文化財を守る為に、地元消防署でも早朝(am6:00)3日間に渡り、入城者の救出訓練を行ってくださっています。