松本城を支える人たち

天守下見板の漆塗り替えが始まりました。まずは壁を洗います。(9/1-10/10)

工事の内容はこちらから(碇屋さんレポート)


毎年、40日かけて工事を行います。月見櫓の傷んだ漆も修理します。
売店前で氷に浸けた冷たい飲み物を販売。そして外気温35度もある中で「アルプちゃん」出動です。
お盆のシーズン、行列に備えて日よけのテントとヨシズを張り、案内パネルを設置します。
天守2階に松本城鉄砲蔵(赤羽コレクション)があり、古式火縄銃などを展示しています。火薬を装填すれば当時のままに使用することができるように分解清掃を行います。天守内で行いますので運がよければ見学ができます。(7/1-3)
松本城売店スタッフ。イベントがあると被り物をする場合もあります。