松本城を楽しむ為のウンチク
ちょうな削りの柱

松本城には14本の丸柱があります。乾小天守1階から2階にかけての通し柱が、丸柱になっています。これはチョウナという道具を使って面取りされています。また天守も1階から3階にかけてはチョウナで面取りされた角柱が目立ちますが、4階から上の柱は、鉋で面取りされています。私もチョウナという道具を見たことが無いので調べてみました。

チョウナを使う場合、削るというよりも「はつる」と言った方が良いみたいで、イメージとしてはつるはしを振り降ろすような使い方をして、丸太から角材などに成形して行く技だそうです。上手く使わないと自分の足を削ってしまいます。当時の鉋仕上げより粗い削り方であったチョウナ仕上げですが、今は美しく黒光りしています。

チョウナ


天守1階廊下

お城の石垣は、上から見ると糸巻のようにウエストがくびれています。天守の柱は石垣にそって立ててあるので廊下の中央の幅が最も狭く、逆に四隅は広くなっています。ポイントを打ってみましたがわかるでしょうか。

天守5階柱の傷

天守5階にある傷は、明治の大修理の際に傾いた天守を直す為、紐をかけて引っ張った名残といわれています。しかしこの話は眉唾だそうで、柱の上部を切って傾きを直したらしいです。

松本城の通し柱は、1〜2階、3〜4階、5〜6階に通っています。天守の重量は約1000tです。震度7の地震に耐えられます。

天守は5重6階

松本城の見かけは5階建て。でも内部は6階です。3階の瓦の下が屋根裏部屋のようになっています。

6階建てになっているのは、通し柱の入れ方によるものです。


天守の1階床下には改修時の瓦や柱を保存

昭和の大修理では、明治の修理で手直しされた部分を含めて、建築当時のものに復元しました。傷んで交換した柱も瓦も天守1階の床下に保存してあるのがわかります。構造上1段高くなっている1階床を写したものです。注意すれば見つけられます。


石落

天守1階には石落しが張り巡らされている。石垣を登る外敵に備えてあった石を落として防御するというのは、江戸時代になってからの兵法の解説であるらしい。

実際は鉄砲を撃つことを想定して作られているらしい。上の写真の2枚は渡り櫓の、大手口の石落し。下の写真は天守北東の石落し。


饅頭金物

柱の化粧金物です。非常に美しい形をしています。場所により柱の腐食も見られますので点検は欠かせません。