松本城歴代城主の主要な功績

姓・諱・在職
受領名官名
生・没
事 績 ・ 出 来 事
戒名・菩提所

石川氏笹竜胆
(ささりんどう)

【石川氏 23年間】 天正18年(1590) 数正 - 康長

石川数正は徳川家臣の中でも重鎮であったが、小牧・長久手の合戦の後、一族郎党を率いて豊臣秀吉に奔る。天正18年(1590年)松本に入ると城下の安定を図り、城の改築を図るが、文禄の役に出陣した数正は、名護屋の陣中で病死する。父の後を継いだ康長は本格的な城普請に着手する。天守を建て、総掘りをさらい石垣を築いたとされている。(信府統記)さらに黒門や太鼓門を築き、城下町を整備した。しかし父数正が豊臣方に奔った遺恨があったのか、慶長13年(1613年)金山奉行であった大久保長安の不正にからみ、遠縁であったことや分不相応な城を作ったことを理由に改易された。

石川数正

天正18.7.13〜文禄元

伯耆守

出雲守

不詳〜文禄元

・元徳川家康家臣 天正13年岡崎出奔秀吉の下へ和泉国10万石

・天正18年8月末までには松本入封  松本8万石・古山地御殿を造る  

・太閤検地行わず 差出 ( さしだし ) 検地

・朝鮮出兵 名護屋に参陣・京都七条河原に文禄元年12月14日葬儀あり (言経卿記)

※数正の生地 本宗寺では 法名寂音院殿静誉了禅居士(岡崎市)

※宗林寺法名 秋岳院殿高月宗林大居士 宗林寺(明科)

※兎川寺法名箇三寺殿前伯州的翁宗善大覚

※寛政重修諸家譜に没を文禄2とするは誤り

箇三寺殿的翁宗善大覚位正行寺

(松本市)

2

石川康長

禄元〜慶長18.10.9

玄蕃頭

不明〜

寛永19.12.11

・天正12家康の子秀康が秀吉の養子になったとき近侍・文禄元年12月数正の遺領相続・松本城天守3棟を築造・松本城の諸整備を行う

・関ヶ原の戦い 東軍につく 真田氏 冠者ヶ嶽 ( かじゃがたけ ) の砦を攻める・石田三成の誘いを拒み、大久保長安の指示に従う。

・家中騒動  家老渡辺金内vs家老伴三左衛門

・慶長18年10月19日 大久保長安事件に連坐して改易。豊後佐伯城主 毛利高政に預けられる。

・寛永19年佐伯で没す   

・念持仏(松本に帰る昭和46年)

※大坂の陣へ弟康勝豊臣側として参加(夏の陣で戦死)

乗願院殿釈了因三心正定聚位

佐伯法論山善教寺

小笠原氏三階菱
(さんがいびし)


【小笠原氏 4年間】 慶長18年(1613) 秀政 - 忠真

石川氏に替って城主となったのは、小笠原秀政である。若いころから人質として徳川家康に預けられた秀政は、徳川の重臣であった石川数正に預けられるのである。石川氏と共に豊臣秀吉に帰順した秀政は、豊臣秀吉の斡旋により再び徳川方につき、ついに念願かなって旧領への復帰となるのである。秀政は二男忠真とともに、二の丸に住んだ。松本は天正10年(1582年)父貞慶が旧領復帰の本意をとげて、秀正と共在城した場所なので、2度目の入封は「二度の本意」として一族家中は喜びあったと言う。小笠原氏の城下町の統制としては慶長19年に法度を定めて治安維持に努めた。大阪冬の陣、夏の陣共に出兵し、秀政・忠脩父子は戦死し、家督は忠真に譲られ播磨明石へ転封となった。

3

小笠原 秀政

慶長

18〜

元和

元.5.7

上野介

信濃守

永禄12〜

元和元.5.7

・飯田5万石よりより8万石で松本に入封(二度の本意)

・城下町の新しい町割り枝町の整備

城下町の統制・村政機構を整える。

・慶長検地(地押検地ではない)

・宿駅

・交通の整理

大坂の夏の陣で戦死 埋橋に葬られる 

・世子忠脩戦死

両選院殿義叟宗玄大居士・広沢寺

※浅間御殿山の大_寺跡の五輪の供養塔は貞享3水野忠直の建てたもの

※小笠原忠脩(ただなが)供養塔 広沢寺と大寺跡

4

小笠原

( ただ ざね )

元和

元2.28〜

元和

3.3.28

大学頭右近大夫

慶長元.7.17〜

寛文7.10.18

・小笠原忠真(始め忠政)小笠原家相続

・元和3年7月28日  2万石加増 播磨明石10万石に転封

・松本家中の明石に移住・明石での明石城を2年がかりで造る

・寛永3年忠脩の遺児幸松丸をともない将軍秀忠に拝謁、幸松丸(長次)は播州竜野6万石を賜る。

・寛永9年、小倉15万石に転封 長次は中津8万石に転封・小笠原氏の九州に於ける発展

聚寺殿徳叟紹勲大居士

聚寺

(北九州市)

戸田氏「はなれ六星」

【戸田氏 16年間】 元和3年(1617) 康長 - 康直
戸田氏は高崎より2万石加増されて7万石で入封した。康長は池田町に若松城を築きかけたが世継ぎが病死したことにより中止された。また戸田康長は徳川家康の養妹である松姫と結婚して、譜代大名としては初めて松平姓を名乗ることを許された。藩政に関わる記録よりも「暘谷様伝説」「二十六夜神様」などが有名である。

5

戸田 康長

元和

3.3.7〜

寛永

9.12.12

丹波守

永禄5〜

寛永9.12.12

・高崎より2万石加増で松本に7万石で入封。 (東・西5千石領できる)

・康長の経歴 家康の養妹松姫と結婚(松姫は24才で没)三河以来の譜代、松平の姓を許される。

・地方知行制の廃止  

・家臣団の城下町集住の徹底・城北足軽屋敷

・安原町西徒士屋鋪拡張・郷村制 組分け制を採用   

・寛永3 寛永検地(初めての地押検地)8年間

・元和5年6月10日永兼の死(40才) 

・元和5 池田城の経営 

・寛永6 末子次子忠光の死  

康長の病気に対して幕府の侍医、野間玄琢を松本派遣

祥雲院一運宗知

丹波塚(松本)

6

戸田 康直

寛永

10.2.25〜

寛永

10.4.9

佐渡守

丹波守

元和3〜

寛永11.5.12

・寛永10年 明石へ転封 7万石 家臣団の移動

・寛永11年の家光上洛に先立ち江戸を発し、途中病を得て鈴鹿にて卒す。18才、世継ぎなく断絶・幕府の特別の計らいで兄忠光の子光重に家督を相続させる。

・明石で暘谷霊社を祀る・寛永16年 加納へ 嫡子光永継ぐ

・寛文8年 弟孫十・孫七に5000石ずつ旗本領とする。戸田氏6万石となる

※宝永8.2.15 山城国淀藩6万石へ転封 戸田光煕

※享保2.11.1 志摩国鳥羽藩6万石 戸田光慈 

寂照院節叟賢忠

月照寺(明石)

松平氏「丸に三つ葉葵」


【松平氏 5年間】 寛永10年(1633) 直政

寛永10年(1633年)徳川家康の孫に当たる松平直正が7万石で入封する。人物器量共に優れた人物であるとの評価があり、短い期間に足跡を残している。天守に関わるものは辰巳付櫓や月見櫓の増設している。また寛永13年(1636年)には幕府の特命を受けて松本において寛永通宝を鋳造した。

7

松平 直政

寛永

10.4.22〜

寛永

15.2.11

出羽守

慶長6.8.5〜

寛文6.2.3

・家康の孫 家光は従兄弟 

・越前大野より7万石で入封

・城地修築 天守修復あり 六九厩を造る 門の修理

寛永通宝の鋳造 松本銭座 月見櫓、辰巳附櫓増築

八千俵蔵を作る   

・城下町の拡張・朝日丹波の補佐あり(塩尻夜話記)

寛永15年松江へ18万6000石で転封 隠岐国1万8000石預かり 合計20万4000石

高真院殿前 林次将歓誉一空道喜大居士

月照寺(松江)

堀田氏黒餅竪木爪
(くろもちたてもっこう)

【堀田氏 4年間】 寛永15年(1638) 正盛

堀田正盛は幼少より三代将軍家光の近習となり、一代で700石から十五万石の大名へと大出世した人物である。松本城在城中も家光直々の命令により幕政の中枢に参画した。松本においては入封早々に領内から石高・家数などの一覧表を提出させて年貢や負役の負担能力の把握に努めた。

8

堀田 正盛

寛永15.3.8〜

寛永19.7.16

出羽守

加賀守

慶長13〜

慶安4.4.20

・川越城主堀田正盛6万5000石の加増で松本へ転封  松本で7万石板鼻で3万石都合10万石

・その出自と家光との関係 家系春日局

・松本に於ける事績 上土藏を作る

・恵光院 

・役屋把握

( つちのえ ) 午の飢饉対応

・寛永19年佐倉に転封 慶安4年家光死去に際し殉職

・その後の堀田氏 佐倉惣五郎の直訴 万治3年改易

・その後大名に復帰 幕末の老中堀田 正睦 ( まさよし ) は外国事務を担当

心穏宗卜玄小性院

寛永寺現龍院

水野氏丸に花沢潟
(まるにはなおもだか)


【水野氏 83年間】 寛永18年(1642) 忠清 - 忠職 - 忠直 - 忠周 - 忠幹 - 忠恒

水野氏の主な事績は2代目忠職の時に行われた領内の総見地がある。5年間にわたり行われた見地の特徴は役家(江戸前期、検地帳登録者のうち、屋敷を持ち、一人前の夫役(ぶやく)負担をする農民のこと)が制度化されたことである。3代目忠直の時には全村の80%の農民が参加した一揆である貞享騒動が起こっている。6代目の忠恒は弓矢鉄砲をもてあそぶ一方で酒色にすさんでいた。江戸城松の廊下で刃傷沙汰をおこして改易となる。(松本大変)

9

水野 忠清

寛永

19.7.28〜

正保

4.5.28

隼人正

天正10〜

正保4.5.28

・寛永19年、吉田4万5000石より2万5000石加増で入封

・堀田氏から引き継いだ城絵図を新規測量により訂正し幕府に提出・水野家家系に家康の生母於大方あり

・正室は前田利家の養女 福寿院

馬廻り6組の軍制を敷く・幕命により正保の国絵図、郷帳の作成  

・在封6年で66才で江戸で没 

真珠院殿前布護署郭誉全忠大居士

本誓寺(江東区清澄)荷葬り伝通院(文京区小石川に改葬

玄向寺に分骨

10

水野 忠職
(ただもと)

正保

4.8.21〜

寛文

8.6.26

出羽守

慶長

18.9.13〜

寛文

8.6.26

・承応元 寛文2年大坂城代

・慶安元年 乾瑞寺を創建・慶安3・宗門改めの制度化 宗門御改並五人組帳の作成

・慶安の領内総検地を行う。人数牛馬数の野帳作成

・明暦2年京都御屋敷を開く  上方の事務をなす

・明暦3年 春了寺を極楽寺跡に移した。

・万治2 弟忠増に新田5000石分知・万治年間 野川村大樋銀山を開く

山辺・浅間御殿湯を営む

・碓氷峠・福島関所の女手形の発行

道樹院殿前州刺史信誉上昌玄向大居士

伝通院

玄向寺に分骨

11

水野 忠直

寛文

8.8.21〜

正徳

3.5.28

隼人正

承応

元.1.12〜

正徳

3.5.28

・寛文8 忠直農民の生活規制を示した藩法発布
・寛文9 忠直領内法度公布  32条を出す。
・寛文9 清光寺を玄向寺と改め水野家廟所とする。
延宝の大飢饉起こる(延宝2~3)
 延宝2年の松本藩総人口90296人 飢饉による餓死人2788人

・疫病による病死人1267人死者合計4055人を出した。
・天和元年 高田藩主松平光長改易にともない在番
貞享3年 貞享騒動起こる
・元禄2年 高遠藩主鳥居氏改易に伴い在番
・元禄13 岡宮に御輿寄進  
・正徳3松本城中にて死去 46年間在封 玄向寺に葬られる。
・元禄期 水野家規式大概  殿様のお正月の資料あり

忠直は理想主義的見地から藩政の指導に当たる反面実生活では華美をつくした放漫な態度になれていたと言われる。

賢徳院殿前有護署大  誉直生全提出

玄向寺

12

水野 忠周

(ただちか)

正徳

3.6.22〜

享保

3.10.28

出羽守

中務少輔

延宝元.1.25

享保

3.10.28

・正徳3 全91箇条からなる江戸定法を定め江戸藩邸の財政改革に乗り出す  正徳の改革行われる。
・正徳3 弟忠照に新田分から2000俵を与え旗本とする
・正徳4 知行100石に松本で8俵、江戸で6俵の借知を行う
・正徳4 日蓮宗の家臣に改宗を迫る民衆の間でも改宗者出る
・在位6年(父親長生きの為)享保3.10.28江戸にて没46才。
数奇者としての嗜癖あり、宗教に深い関心、冗費多端にしてしかも江戸浜町の上屋敷を焼失し田安の新邸を営み、御用金を4度も課してこれを返済せずの逸話あり。

智徳院殿本蓮社清誉浄祐光阿

伝忠院
玄向寺に分骨

13

水野 忠幹
(ただもと)

享保

3.11.20〜

享保

8.5.10

日向守

元禄

12.5.5〜

享保

8.5.10

・享保3 家中借知知行100石に松本16俵・江戸12俵、家督相続の祝儀として領民に籾1500俵を分かつ20才までに和漢の学問を積む。
・享保7 「信府統記」の編纂始まる
・享保8弟忠恒を養子として相続させることを幕府に申し出た。

徳本院殿前日州刺史心誉仁光居士
伝通院
玄向寺に分骨

14

水野 忠恒

享保

8.7.5〜

享保

10.7.28

隼人正

元禄

14.8.6〜

元文

4.6.28

・享保10年7月28日江戸城中松の廊下で発狂刃傷。川越藩主秋元伊賀守に預けられる。 一週間前に婚儀成ったばかりの大垣藩主戸田伊勢守の養女は養家に戻る。 改易 松本大変
 水野浪人・松本城引き渡し
・大叔父忠よし穀に7000石を与え家名存続  享保9.8.27忠恒は川越監禁をとかれ、忠よし穀の江戸浜町邸に移された。

 水野家の復活(後、沼津5万石にまで復活)
 元文4年6・28 忠恒 39才で死去

慈雲院殿前布護署愍誉求道謙性大居士

伝通院

戸田氏「はなれ六星」


【戸田氏 144年間】 享保11年(1726)  - 光慈 - 光雄 - 光徳 - 光和 - 光悌 - 光行 - 光年 - 光庸 - 光則

15

戸田 光慈
(みつちか)

享保

11.3.14〜

享保17.8.11

河内守

丹波守

正徳

2.9.22〜

享保

17.8.11

・享保11年6万石で入封(1万石幕府領に)鳥羽から松本へ
・享保11年覚9箇条を出し 組手代を大庄屋・名主を庄屋とす  
・領内法度28箇条発布
享保12年 本丸御殿焼失  二の丸を政庁とした 郡所、町所の移転
・享保14年 町人・百姓に31箇条の条目を発布朱子学に基づく人倫の道を説く。
・享保16年 領内巡検(21日かけて354人の家臣を従えて)

泰心院穆堂良恭

智勝院(岐阜県)

16

戸田 光雄

享保

17.10.5〜

宝暦6.11.1

河内守

丹波守

享保

元.8.22〜

宝暦

6.11.1

・寛保2年 塩尻役所山本平八郎・下総国武衛門・小坂村茂左衛門

・田沢村九右衛門・生坂村次郎右衛門・小松村十郎兵衛・塩尻宿喜多右衛門等が出願し、松本領・高遠領・諏訪領中54の入会地の原野について開墾し、3万石の増高を出さんと画策、地元の村々と対立、勘定奉行へ訴願し中止となる。
・寛保3年筑摩・佐久・伊那・小県4郡159か村・高5万3392石の幕領を預けられる。
・宝暦4年1万3009石余を代官天野助次郎に引き渡すよう命を受ける。
・延享2年 家康130回忌法会の馳走役
・延享5年 観音巡礼盛んとなる。松本中町医師天野可斉が松本三十三か所に御詠歌をおさめ巡礼の冊子を発行
・宝暦4 松本藩定免制を採用。過去28年間の年貢上納の平均を持ってその額を算定。

万彭院松厳元盛

智勝院(岐阜県)

17

戸田 光徳
(みつやす)

宝暦6

閏11.2〜

宝暦9.1.8

近江守

丹波守

元文

元・1.12〜

宝暦9.1.8

・宝暦8年6月12日松本に赴くいとまを賜ったが、宝暦9年正月6日危篤となり弟光之を世継ぎとして後没。 在職4年見るべき事績なし
・宝暦6 江戸麻布長坂屋敷類焼

壺春院洞外義仙

智勝院(岐阜県)

18

戸田 光和
(みつまさ)

宝暦

9.3.14〜

安永3.12.8

丹波守

伊勢守

延享

元.9.26〜

安永4.7.28

・明和4年 幕府奏者番

・安永元年9月病気のため免職(在職6年)

・晩年は病気のため喜怒恒ならず家老野々山匠に隠居を進められる。

・宝暦10年伊那中馬との間で大論争信濃全体を巻き込む訴訟へ発展

康豊院義範勇見

智勝院(岐阜県)

19

戸田 光梯
(みつよし)

安永

3.12.9〜

天明

6.6.21

丹波守

若狭守

宝暦

2.10.17〜

天明6.6.21

・安永4年 松本藩郡所より享保の条目を守り風俗を正し農業出精、年貢役金を上達する様に布達

・安永5年安永の改革に着手。財政逼迫の危機を乗り切る改革の断行
・安永5 綿屋火事起こる  城内にも被害
天明3.7  天明の大飢饉の対応 
・天明3  平賀騒動起こる

本覚院則道了規

智勝院(岐阜県)

20

戸田 光行

天明

6.8.14〜

寛政

12.2.23

河内守

丹波守

明和

6.3.28〜

天保

10.12.14

・治世15年 寛政3年 新条目と称して戸田光慈の条目を増補して大庄屋・町役人・惣町人・村役人・惣百姓及び婦女にそれぞれの心得を列記した条目6編を配布(松本藩寛政の改革)
・寛政5年 
藩学崇教館設立 今城碩山を招く 藩士の教育につとめる。
・寛政9年 三河片宮・今宮を勧請して暘谷・洪武・淑慎と合祀して五社とする。
・35才の頃能舞台の改装をしたり器物調度に善美を尽くすなど乱費あり。重臣らは隠居をすすめ、家督を光年に譲った。

瑞光院祥道麟

埋橋廟所(松本)

21

戸田 光年
(みつつら)

寛政

12.2.23〜

天保

8.2.4

河内守

丹波守

天明

元.4.25〜

天保

8.2.4

・享和3年餌差町飴屋火事  家作り用材の波田お林よりの切り出しを巡り役人の不正発覚。
・文化2 本立寺火事 自身番・夜番態勢を止め本町6人・中町5人・東町5人計17人が大番所に詰める火消体制をとる。
・文化14 光年奏者番となる
文化5年 本町生坂屋より出火  332軒(本町・中町・伊勢町)焼失
・文化9年 
十ヶ堰の建設計画を始まる。文化12年測量開始 13年工事開始 潅漑面積600町歩
・文政5〜天保3 新橋から犀川通船の願いを出し天保3年に宿方との示談成立。
・文政8年 治封百年祭を行う
・文政8年 赤簑騒動起きる
・文政11年〜天保元年 寺社奉行加役
・天保5年 将軍家斉より松を賜り松本城内に移植。
・天保5年 江戸呉服橋屋敷類焼  才覚金3000両

神竜院大光啓雲

埋橋廟所(松本)

22

戸田 光庸
(みつつね)

天保

8.3.晦日〜

弘化

2.10.22

弾正少弼

丹波守

寛政

10.6.26〜

明治

11.9.4

・天保6年弟光領を世継ぎとした。天保12年死去
・天保9年 松本藩は商業・流通経済を統括する
表勘定所を設け紺屋札・綿打ち札などの鑑札を発行しこれら商業を掌握する。
・天保12年 
戸田図書事件起こる 処分者23人
・天保13年 58箇条の倹約令を発する 物価対策
・天保13年 寺所村に偽金売りさばき事件発覚 犯人検挙できず藩主20日間の差し控え
・弘化2年光庸隠居 表面は病気 藩政上の失策を幕府から譴責されたものとの見方在り。(戸田図書事件・御預百年祭・城郭修復・浅間山家御殿修築・贋金事件)
・隠居後辰巳御殿にあり文筆を友とす。

(神葬)
染井墓地

23

戸田 光則
(みつひさ)

弘化

2.10.22〜

明治

2.6.19

(任藩知事)

明治4.7.14

廃藩

弾正少


丹波守

文政

11.7.7〜

明治25.12.30

・嘉永6年 黒船来港を松本から江戸に訴訟のために滞在した村役人が記録。ペリー来航により松本藩は海防のための陣場として2400人の割り宛を指示
・嘉永7年 
松本城下地震起こる。
・安政5年 松本出身の近藤茂左衛門・山本貞一郎兄弟水戸徳川斉昭と面会詔勅の降下と大老井伊直弼の罷免を建言。 斉昭の内命を受け京都三条家刀接触→水戸藩に孝明天皇密勅を下す。 山本貞一郎逃避行断念自殺→近藤茂左衛門、安政大獄で逮捕  安政6茂左衛門中追放
・安政6年 15社にて悪疫流行のため妖魔降伏の祈祷が行われる。
・万延2年 和宮下向松本藩は沿道・塩尻3宿等護衛。11月4日和宮を本山宿荷迎え5日塩尻・諏訪に向け出発。未曾有の助郷
・万延2年 正親町三条家、家政の逼迫を訴え松本藩に援助依頼
 →文久4 松本藩正親町三条家・今城家の警備に当たる。
・文久2年 伊藤軍兵衛による第2次東禅寺事件起きる。 光則差し控え
・文久3年?松本藩浦賀警備に出発 文久4松本藩浦賀警備のため1万石給される。
 津久井陣屋を置いて支配に当たる。
・文久4年第1次長州征伐  旗本後備 野溝原で大調練
・文久4年 水戸浪士と和田峠に戦い敗北する

・元治2年 慶応2年  第2次長州征伐 芸州へ 藩士600人軍夫500人

・明治2年 木曽騒動起きる 松本藩一揆勢に鉄炮使用
・明治3年 松本町の御札降り

慶応4年 2月29日 官軍に付くことを決める(藩論統一)北越出兵・会津まで
・明治2年版籍奉還・松本藩知藩事となる  藩政改革
・明治3年 松本藩の激しい廃仏毀釈運動
・明治4年7月 松本県できる

・明治4年2月23日 東京府貫属に任ぜられる 

・明治4年7月15日 知事職を免ぜられて8月25日 松本出発東京移住。
・明治25年12月29日没

(神葬)
染井墓地