松本城の堀と井戸

現在の松本城が史跡公園として指定されているのは、おおむね外堀の中である。外堀も半分ほどが埋め立てられて住宅街が形成されている。外堀の更に外側には「総堀」と呼ばれる堀があった。現在名残を留めているのは松本城の東側である。


総堀

右手の建物は松本市役所東庁舎。先日生まれた白鳥の雛が成長した場合はここで飼育されることになるでしょう。(2008.6.6記)

総堀

総堀の東北の端にあたる部分。本来はここを右に折れて、北側の総堀を形成していた。

春には桜並木が美しい。私は子供頃ここで育った。写っていないが、写真の右側に公園があり、北門の大井戸がある。


井戸

先日、「平成の名水百選」に松本城城下町湧水群が選ばれました。下町の有名な井戸は「源智の井戸」「槻井泉の井戸」「鯛萬の井戸」などが有名であるが、実は松本城直轄の井戸もいくつかあります。今後注目も集めるでしょうから、さらなる整備が望まれます。

北門の大井戸

明治初期に松本城総堀を埋め立てた際、沸き出した井戸。もともと外堀の水は沸き出した地下水を利用してつくられたものである。外堀北門の付近にあったのが名前のいわれである。

昭和40年代までは、滾々と自噴しており、洗濯などしていたのである。最近はポンプで稼働している。

北馬場の井戸

松本城北馬場付近。やはり総堀を埋め立てた跡である。現在はポンプアップされており、この水は松本城北外堀に流れ込んでいる。

写真中央の木の生い茂った場所は、総堀土塁跡であったことを、わずかに留めている。

地蔵清水の井戸

松本城外堀北東のにある道路の片隅にある井戸。最近整備が行われ、自噴している。水は外堀北東に流れ込んでいる。