松本城歴史年表(工事中)

できごと
松   本   城   の   歴   史
私 見 を 交 え て

1550年〜1582年

縄張りを巡らして

まちづくりを行った

1550(天文19)年甲斐の武田信玄は、信濃府中に侵攻し守護小笠原氏を敗走させた。

小笠原氏の本城は里山辺にあった「林城」であるが、平坦地にあった支城である「深志城」を整備し、以後33年間信濃経営の基地とした。近世松本城の本丸・二の丸・三の丸の縄張りは、ほぼこの時期に出来上がっていると考えられている。1582(天正10)年武田氏が滅び旧地を回復した小笠原氏は、深志城を松本城と改めた。

(戦国大名が群雄割拠していた頃)

戦国時代まで信濃の国を治めていた「小笠原氏」は武田信玄によって国を追われた。

この国を追われた33年間に、武田氏は治水工事を行い、松本城を取り巻く「まちづくり」を行ったのである。

1593年〜1594年

松本城を建築

豊臣秀吉は1590(天正18)年小田原の戦いの後、石川数正を松本に入封させ、関東の徳川家康を監視する5重6階の松本城天守(天守・渡櫓・乾小天守)を1593(文禄2)年から1594年にかけて築造させた。

さらに総堀を浚い、土塁を築き土塀を建て、諸櫓や楼門を造り、城内の館の修造および武家屋敷の建設を行ない、近世城郭として松本城を整備した。天守の壁は上部が白漆喰で下部は漆黒の下見板が張られていた。鉄砲戦を想定して堀幅を広げ、天守の壁を厚くし、銃眼をうが穿ち、土塁上には狭間付き土塀を廻した。また、「馬出し」をともなった虎口や攻撃的な横矢掛を備えた外枡形で堅固な戦略拠点とした。

(豊臣秀吉が天下を治めた頃)

豊臣秀吉は、もともと徳川家康の家臣であった石川数正・康永親子に命じて徳川家康を監視させる為のお城として松本城を造らせた。

立派な天守は、わずか2年の間に築城されている。大天守は「京間」そして乾小天守は「江戸間」と寸法が違っている。渡り櫓でつながっているが、時期を同じくしてつくった割には、床に不自然な段差がある。いろいろと想像させられる。

1633年〜1634年

巳附櫓と月見櫓を増設

泰平の世になって付設された辰巳附櫓と月見櫓? 石川数正・康長父子によって天守・渡櫓・乾小天守が築造されてから40年後の1633(寛永10)年から1634年頃、3代将軍家光の従兄弟松平直政が辰巳附櫓と月見櫓を増設した。一国一城令が出され城郭の普請についても厳しい統制がなされている中、御家門大名松平氏にしてできた増築である。この2棟には際立った武備は見られない。総檜造りで三方取り外し可能な舞良戸や朱の刎高欄を巡らし、天井は船底天井に仕上げられている。また、壁は白漆喰の大壁造りで瀟洒な造りになっており、戦略的な天守と好対照をなす泰平の「元和以後の江戸期」の城郭である。?松本城の天守は戦略的拠点としての城郭と、泰平の世の優雅な櫓が「連結複合」した天守群である。 (徳川家康に政権が移った頃)

松本城が築造されてから、わずか40年の間に、石川氏、小笠原氏、戸田氏、松平氏と城主が変わって行く。石川氏は旧主君の徳川氏により1613年に改易されてしまっている。念願かなって戻った小笠原氏も「転勤」していくのである。月見櫓をつくったのは徳川家の親戚にあたる。松平直政氏。

徳川家によって城の増築が厳しく禁止されていた時代にあって、風雅な櫓を作れたのは親戚ならではのことである。

1685年

貞享騒動

江戸時代、貞享2年(1685年)という年が不作で、人々は城主に年貢が納められなかった。翌年も豊作ではなかったが、この時の城主、水野忠直の家来は、更に苛税を図ったため、安曇郡中萱村の多田加助ら、村々の庄屋級の人達が連合して殿様に減税を申し出し出た。村々の百姓達何千人も集まって城につめかけた。役人達は「願いはすべて聞きとらす」といって百姓をだまして解散させた。その夜、村に帰った主謀者たちを捕え、江戸にいる殿様に騒動の治ったことを報告し関係者を処罰した。処罰されたのは、中萱村の多田加助・楡村の小穴善兵衛・大妻村の小松作兵衛・氷室村の川上半之助・堀米村の丸山吉兵衛・梶海渡村の塩原惣左エ門・浅間村の三浦善七・岡田町の橋爪善七・笹部村の赤羽金兵衛・執田光村の望月戸右ヱ門らである。刑場は出川と勢高で、磔8人、獄門20人ということであった。極刑を受けると知りながら百姓の願いを代表して領主の政治を批判し、実力行動に出たためこのような目にあったのである。
(水野氏の政治)

松本城、時の城主は水野氏。1642年以来、水野氏は6代83年在城したが、6代目の忠恒は1725年、将軍吉宗に拝謁を終えて退出する際に江戸城中松の廊下で毛利家の世子・師就にいきなり抜刀して斬りつけてしまうという刃傷事件を起こしてしまい改易となっっている。

騒動の首謀者、多田加助については、、その恨みで松本城を傾かせたという伝説がある。そして水野氏の乱心もこの祟りだという、まことしとやかな説がある。