松本城築城のコンセプトは何か

戦国時代末期の戦場の武器の主役は火縄銃でした。石川数正は長篠合戦のときは徳川方として参加しています。火縄銃戦を知り尽くした石川氏は松本城を鉄砲戦に備えた砦としてつくりあげました。

当時の火縄銃の有効射程距離は50〜60mといわれ。50mはなれて3cmの板を打ち抜く威力をもっていました。1分間に熟練すれば3発を発射でき、命中率は80%と高いものでした。

内堀の幅は50mから60mとして迎撃できるぎりぎりの距離を確保していた。

堀の内側に土塁を築きその上に銃眼(狭間・さま)をつけた土塀(どべい)を

まわしてあった。


天守の壁は1・2階で28cmと厚い(火縄銃を貫通させない厚さ)

天守2階の壁

松本藩の鉄砲は文化年間に726丁あった

鉄砲狭間・矢様・石落

鉄砲狭・矢狭間は天守に115ある


 正方形を鉄砲狭間・長方形を矢狭間(やざま)という。ともに銃眼(じゅうがん)。石落は戦国末期にはここからも火縄銃を下に向けて撃った。

1633年から34年にかけて造られたら辰巳附櫓・月見櫓の壁は薄い。また武備は装飾程度に付けられているのみである。辰巳附櫓1階南側の壁は堀の上に持ち出されているが戦国期なら石落がつけられるところである。しかし、もはや石落は付けられていない。