殿様の食卓は豪華だった

二の丸御殿跡の発掘にともない魚や貝が遺物として発掘されました。これらは領主の食卓に供されたものと推定されています。

魚類

魚の骨は42点出土しました。いずれも江戸時代の層から出たもので御殿での食べ残しと考えられています。出土した魚の骨からわかったものはマグロ・黒鯛・スズキ・コイ・ブリ・タイ・イットウダイ・マカジキでした。コイを除いて海の比較的大型の高級魚で後に述べる貝類とともに食膳に供されたものと考えられています。流通ルートは日本海岸からは糸魚川街道ならびに野麦街道を経て輸送され、東海道方面からは三州街道・中山道、次いで甲州街道経由と推定されます。その多くは干物、塩漬けなどにして送られてきたものでしょう。

貝類

出土した貝殻は550点、そのうち89%が海産の貝でした。

( はまぐり ) ・メカイアワビ・サザエ・アカニシガイ・マシジミのほか、赤ガイ・牡蠣・カタヤガイが出土しています。

淡水産の貝ではオオタニシ・マシジミがみられ、ヤマトシジミは汽水性なので海岸地方からもち込まれたと思われます。出土貝殻中イタヤガイの殻の左側に2個の小穴がうがたれているものが出土しました。これは、 貝杓子 ( かいじゃくし ) として使用されたものです。


1、メカイアワビ

2、サザエ  

3、オオタニシ 

4、カワニナ

5、アカニシ   

6、ナガニシ 

7、ウスカワマイマイ 

8、アカガイ

9、サルボウ  

10、イガイ  

11、イタヤガイ  

12、ホタテガイ

13、牡蠣    

14、マシジミ 

15、ヤマトシジミ 

16、ハマグリ

17、オニアサリ 

18、アサリ