天守の鯱について         

 頭が虎で胴体が魚の霊獣で、天守の大棟の両端には必ず向かい合わせに一対にして上げられます。鯱は天守の象徴であり、天守を火難から守るものでした。天守の鯱は古くは瓦製で、瓦の表面に金箔を押した金鯱も登場しました。江戸中期以降になると、銅で鋳造した重たい鯱も登場しました。天守以外でも、重要な隅櫓(すみやぐら)や櫓門にも使用しました。シャチともシャチホコともよばれています。天守に使われる以前、室町時代には、寺院本堂の内陣に安置された厨子(仏像を納める小型の仏教建築)の屋根を飾っていました。それを天守に初めて使ったのは、織田信長で、安土城の天守には、瓦に金箔を張った金色の鯱が上っていたと思われます。

鯱の上げ方

 鯱の銅内部は中空です。中空にしておかないと、やたらに重くなり、肉厚では壊れ易く、瓦として焼く前に乾燥収縮でひび割れだらけになってしまって製作不能になります。この中空であることが、鯱を天守の屋根に取り付ける時には大いに役立ちます。天守の最頂部に渡されている棟木(むなぎ)という横材に棒を上から差し込みます。その棒は大棟を貫いて上に突き出す。突き出た棒に中空の鯱を上から差し込みます。瓦の鯱の中は、木の骨が通っているようなものです。