松本城の危機を救った人々
徳川幕府が滅び、廃藩置県が行なわれると城は無用の長物になりました。各地の天守が売りに出されました。松本城天守は235両(りょう)余で落札され、取り壊されることになりました。そのとき、貴重な建物をこわすべきではないと松本下横田町副戸長市川量造(いちかわりょうぞう)がたちあがり、明治6年から9年まで、ちょうどそのとき開かれていたウイーン万国博覧会にヒントをえて天守を会場に5回の「松本博覧会」を開き、その収入と有志の寄付で天守を買い戻しました。235両は今のコシヒカリで換算するとおよそ400万円です。市川量造がいなければ松本城天守は残らなかったかもしれません。

売られたお城が残った訳

廃藩 置県 が行われのは明治4年7月です。全国にあった江戸時代の藩は事実上なくなりました。廃藩置県は新政府にとって、全国を統一する上でどうしてもやり遂げねばならな措置でした。旧藩の軍事施設である 城郭 は軍事的拠点としての意味を持ち邪魔な存在となりました。

明治2年北海道の五稜郭が新政府の手に落ちると全国の城は兵部省(陸軍省)のものになります。廃藩置県までの間は旧藩主に城の管理はまかされていました。藩がなくなった後松本は明治4年7月筑摩県となりますが、筑摩県は松本城を維持管理できないことから明治5年1月に天守を競売にかけました。そして、235両余で落札、 破却 されることになりました。(※235両は米価換算で約400万円)

明治3年10月から松本藩は 廃仏棄釈 と言って寺院や仏像を壊して、人々を神道に強制的に改宗させました。全国でも最も激しい廃仏毀釈が行われました。人々は御一新によって新しい時代が来ると期待していましたが、大変失望し、古いものを破壊しても新しい時代が来ないことを悟りました。進歩は古いものを壊してもないことを松本の人々は身をもって知りました。松本城天守が売られた時、古い天守を破壊するより残すべきだと民間の人たちが考えたのは廃仏棄釈のつらい体験があったからです。そこで売られた天守を買い戻すために明治6年から明治9年まで下横田町の市川量造らが中心となって天守を使って博覧会を5回も開きその利益で天守は買い戻されたと伝えられています。人々の力で破壊をまぬがれました。

明治6年 陸軍省 は全国の城のうち2百数城(陣屋も含)を廃止しました。

廃止と決まった城は天守・櫓・城門・御殿・土蔵・土塀等を民間に払い下げました。松本城は廃城とはなりませんでした。それは松本城に名古屋鎮台の支所をおくことが計画されていたからです。松本城に明治政府の軍隊を駐屯させる計画があったのです。しかし、明治7年に松本城は狭いということで名古屋鎮台支所の候補からはずれます。その代わり、松本は 松本 城地 ( じょうち ) の代わりに蟻ケ崎に射撃場の敷地を提供したのです。

ですから松本城の土地は陸軍の施設となることをまぬがれました。そして、明治11年から本丸は明治30年まで松本農事協会植物試験場になります。明治17年には松本中学校の校舎が二の丸に建ちました。現在の二の丸御殿跡には明治11年に裁判所が建設されました。


東南の方向に8度傾いた松本城   明治30年初め


明治30年代になると、手入れをしなくなった天守は傾きが目立ち始め、崩れ落ちる危険が出てきました。これを毎日見ていたのが、そのとき現在の二の丸に校舎があり、本丸庭園を運動場に使っていた松本中学校(現松本深志高校)校長小林有也でした。彼は全国に呼びかけて2万円の寄付(今のお金でおよそ1億円)を集め、

明治34年から大正2年までかけて「明治の大修理」を行ないました。小林先生は天守の修理が終った大正3年なくなりました。

こうした人々の努力で松本城天守は昭和11年国宝になりました。また、昭和25年から30年にかけて国の費用で「昭和の大修理」が行なわれ、現在に至っています。

松本中学校長  小林有也(うなり)