松本城の堀の 浚渫 ( しゅんせつ )

松本城の堀は ( かたやげん ) という形式で掘られている。二の丸側から急に深くなり本丸側に向かって段々浅くなっていく形式である。堀の底には泥が毎年、堆積する。この堀の泥をどのように取り除いて来たのだろうか。



弘化2年(1845)総(惣)と北西外堀の 浚渫

2月上旬より、4月12日まで、人夫は一日300人ずつ、岡田・山辺・庄内・高出・島立・長尾・保高・成相の8組にわり当てられた。女鳥羽川の水を稲倉より大門沢へ切りおとし、北馬場より外堀へ引き入れ、北不明門より弥勒院前を掘り割り、内堀へ入れた。まず地蔵清水より い始め、本丸、土井尻に及び西堀に落として浚い、その泥をことごとく 犀川 に流した。濁った水は新潟の海におよび、飲料水を汚し、漁業を妨げ、下流の迷惑は甚だしかった。(「昭和8年刊 松本市史上」より)

2月上旬は、まだ松本では薄氷がはり、水は冷たかったと思われる。冬の渇水期で堀の水は少なめであったのではないだろうか。泥流しのために女鳥羽川の水を上流 稲倉 から取り入れ大門沢川にいれ大門沢から北馬場の北総堀に引水し北 不明門 ( あかずのもん ) から水路を掘り 弥勒院 前から外堀に落とし、泥を流す水量を確保している。農閑期に農民に 夫役 ( ぶやく ) を割り当てるのは領主の農民への配慮であった。

では、動員された農民はどのように堀の 浚渫 に当たったのか、庄内組 大庄屋 折井家文書[弘化二年二月廿二日より  御堀浚 ( おほりさらい ) 日記](松本市文書館写真資料)より見てみたい。

弘化2年2月22日が初日で6組へ毎日250人の人足を出すように達しが回っていた。

藩からは奉行や代官・ 郷目付 けが巡回した。現場には 御手代 ( おてだい ) 1人と 同心 3人が 出張 ってきていた。大庄屋は一人ずつ交代で 出役 した。2月25日は庄内組へ250人が割り当てられている。人足達へは庄屋を通じて「堀を浚う場合、身分の高い方々のお住まいの場所に近い所もあるので、みだりがましい言動がないようにすること」とその場所がどこかということが申し渡されていた。

作業は日の出に皆が揃い、午前8時に開始、終了は日の入り。休日はない。雨天でも行なった。作業開始は太鼓の合図。休憩と引き上げは半鐘で知らされた。村から松本城の 西不明 外に集結し、銘々胸に札を付けて村役人に連れられて作業場所に向かった。休憩は午前10時と午後3時の2回。作業終了後も西不明門外に集まり帰村した。休憩場所は西不明門籾蔵前の木小屋があたえられた。

作業内容は全ての泥を流すことであった。しかし、泥が堅い所は泥の掘り揚げが行われた。

(その後)

文化2年(1805)東と南の外堀を浚渫

慶応元年(1864)南総堀浚渫

11月24日より11月1日までの間、同年5月17日の女鳥羽川氾濫で埋まった南総堀を庄内組・岡田組・山家組・高出組・島立組から毎日300人の人足を出して、堀の中に入り込んだ土砂を縄手通りへ掘り揚げた。そのため地形は6尺程(約180cm)高くなったといわれている。

明治以後、大々的に松本城の堀の泥の除去が行われたとする記録は見当たらない。