狭 間 に つ い て

狭間(さま)とは

 狭間とは天守や櫓・土塀の壁面に設けられた矢や鉄砲を放つために空けられた穴のことをいう。城に攻め寄せる敵兵を攻撃するための重要な仕掛けであった。狭間とは元来「すきま」の意から生じたのぞき穴ということができる。

 

狭間の形状と名称

 狭間の形は、長方形・正方形・三角形・円形であるのが通常であるが、まれには多角形なるものもあった。長方形のものが矢狭間、正方形のものが鉄砲狭間と呼んだ。三角形のものを三角狭間、円形のものを丸狭間といった。形は様々であるが、その開口は敵に向かう外側は小さく、内側は大きくなっている。矢狭間は内側が15cm×縦45cm、鉄砲狭間は内側15cm×15cm四方程度が標準であった。矢狭間は、弓を立って引くことが基準になるので床面から狭間の下辺までが約75cm、鉄砲狭間は片膝をついて構えるため床面から狭間の下辺までは約45cm位の場所に設置されていた。射る位置から、前者を立狭間(たちざま)、後者を居狭間(いざま)ともいっている。


狭間の構造

 

狭間には、木板の枠取りがされている。その枠は外側に対して内側の口を大きくし、外側から矢や鉄砲玉が内側に入りにくくすると同時に、内側から攻撃するための視界の確保をはかっている。この技法を「アガキ」と呼んでいる。アガキを下方や横方向にゆがませることで、重要地点に掃射方向を集中させることも可能であった。


松本城天守の狭間

(1)柱と柱の間に穿(うが)たれた狭間(銃眼)の数                   

 松本城天守の狭間は、矢狭間(長方形)と鉄砲狭間(正方形)の2種類である。矢狭間は弓矢専用とは限らない。大天守1階の矢狭間の床から狭間下部までの高さは75cmはない。つまり矢は引けないということになる。従って鉄砲狭間と同じ銃眼の役割を果していたと言う事になる。天守全体では115の狭間を数える。

(2)狭間の並び・・・ 死角をなくすための狭間の附け方

矢狭間・鉄砲狭間・矢狭間の並び方によって、足元(手前)の死角をできるだけ少なくする。およそ1間に一つの狭間を穿つことによって横方向への死角をできるだけ少なくするためと思われる。まさに実戦用に備えた狭間の附け方といえそうである。