建物の名前を覚えよう

鯱(しゃち) 想像上の動物で火事の時には水を吐いて守ってくれるという棟飾り。

狭間(さま) 長方形が矢狭間、正方形が鉄砲狭間と呼ぶ。ともに火縄銃を打つ銃眼。

竪格子窓(たてごうしまど) 厚い部材が竪に並ぶ格子窓。雨よけの「突上げ戸」つき。

石落(いしおとし)石垣を登ってくる敵に石を落として防ぐ装置。戦国時代末期にはここから鉄砲を撃った。

天守台(てんしゅだい)1000トンの天守を支える天守の基礎。石垣は野面積(のずらづみ)

回縁(まわりえん)欄干でかこまれた縁側。月見櫓の回縁は刎高欄(はねこうらん)という。

千鳥破風(ちどりはふ)天守の飾り。三角形の破風を千鳥破風という。

唐破風(からはふ)城郭建築や、近世の寺院などで多く見られて装飾性がある。

下見板(したみいた)徳川時代以前の建築に多く見られる。湿気に弱い漆喰に変わって雨から建物を守る。