松本城はなぜ黒い?

松本城天守は黒い色をしているところから間違って「からす城」と呼ばれていますが少し迷惑しています。松本城の別名は、深志城です。黒いのは写真で見ると分かるように壁の2/3をおおっている下見板(したみいた)に黒い漆をぬってあるからです。秀吉の時代は白漆喰で上から下まで全て壁を塗ると雨にあたる下の部分が壊れやすくどうしても下見板を使う必要があったのです。

秀吉は1585年大坂城を造ります。天下の富と権力をほぼ手中にした秀吉はその力を誇るべく大きな真っ黒い大坂城を建てました。力を示すために破風(はふ)や壁に黄金の模様を張り付け壁を黒くしました。それは金を目立たせるためでした。黒い城を秀吉好みの天守といいます。

家康が1602年に江戸にはじめて建てた江戸城

秀吉の大坂城


1600年関ヶ原の戦いで大坂方を破った徳川家康は真っ白な天守を建てます。現存する天守では姫路城がこれです。家康は江戸にも真っ白な天守を建てました。家康は大工頭の中井氏に命じて強い白漆喰を開発させたのです。豊臣氏を滅ぼして新しい世の中が来たことを白くそびえたつ天守を見た人々は思ったことでしょう。

天守は戦う砦から権威を人々に示すための意味をもつようになりました。

松本城の月見櫓は白漆喰の大壁で造られています。ここにも泰平の世になって徳川の世の中が来たことを示すために増築したのかも知れません。1600年以降に造られた徳川方の天守はほとんど白漆喰を用いた大壁づくりです。