どのようにして天守を建てたのか

 松本城は平城である。平城は堀をめぐらして防備を固めるため、水を得やすいところに造られる。松本城も堀の水を確保するため湧水地帯に造られている。しかし、こまったことに天守を建てる土地は軟弱地盤である。(姫路城・彦根城・犬山城は平山城といって固い岩盤の上に天守がたっている。基盤が岩盤のため高い石垣が築ける)

そのためいくつもの工夫が施されている。

(1)1000トンの天守を支える土台支持柱を16本天守台の中に埋め込んである。

天守の重さが均等に地面に伝わるように16本の約5mの栂の柱を天守台の中に埋めこまれて、いた。この柱が腐ったため松本城は傾いた。現在は鉄筋コンクリートの柱が入っている。

(3)石垣は筏地形(いかだじぎょう)を施してから積み上げられた。  

松の丸太を堀底にいかだのように敷き詰めて、枕木を置いてその上に根石を置いて石垣を積み上げた。筏地形を採用することで石垣が沈まないで天守台を支えた。

(4)1000トンの重みのかかる地盤がずれないように土留めの杭を打ち捨石を置いた。

乾小天守西側5mの堀の中に二列に土留の杭が見つかっている。

(5)姫路城のように2本の大黒柱がないので1・2階を作り、それを土台にして3・4階を作り、完成したところで5・6階を作るブロック構造である。

 1階は89本の柱 二階は87本の柱3・4階は50本、5・6階は27本になる。外側の柱とその内側にある柱は通し柱といって1階・2階をつらぬいています。

材木をどのようにして上まであげたかについては2つの方法が考えられます。

ア 桟橋をかけ運び上げた。

イ 神楽桟(かぐらさん)により上方に万力を置きつり上げた。

石垣が崩れないようにするためには、積石の裏側にこぶし大の石を厚く詰めて水はけをよくした。

天守台は上から見ると

上図のように内側に曲がっている。これはアーチ型ダムと同じように石垣のかかる天守の重さを四隅にあつめてバランスをとる工夫であった。このため、石垣に沿って土台を置いて天守1・2階の壁を造るため、壁は内側に湾曲している。