松本城を睨み天守傾く        

1 貞享騒動(嘉助騒動)のあらまし

 今を去る三百余年前の貞享3年(1686)、松本藩に起こった騒動である。時の藩主は水野隼人正忠直(11代城主、46年在任)で、参勤交代で江戸詰のため留守であった。松本藩の年貢は近隣の藩に比べて厳しかった。それは70年程前に松本藩領から分離した高遠藩西5千石や、諏訪領東5千石の村々より2割ほど高い年貢であったのである。近年不作が続いて困窮を極めていたのに、この年の収納に当っては、のぎ踏磨きと3斗4・5升挽き(籾1俵に6斗8升〜7斗入り)を厳命してきた。

 このような苛酷な年貢に苦しむのを見るに忍びず、身を挺して農民を救おうと、多田嘉助を首領とする同志は、10月10日夜、中萱の権現の森に集まって密議し、両5千石並の2斗5升挽きの要求など5ヶ条の訴状をしたため、14日郡奉行へ訴え出た。

この企てが村々へ伝わると、農民達はこれに加勢しようと、蓑笠に身を固め鋤鍬を手に、四方から城下へと押し寄せた。この突然の大騒動に狼狽した家老達は、鎮圧するためいろいろな策を講じたが農民は聞き入れず、日増しにその数は増加して万余におよんだという。困惑した藩側は16日夜、郡奉行名で、「願いを聞き届ける旨の覚書」を組手代へ届けた。これを知らされ説得された農民の大半は村々へ引き上げた。しかし加助ら同志と百数十人の農民は、「家老の証文等」を求めて居残っていた。家老らは騒動の長引くのと、江戸表への直訴を恐れて18日に、2斗5升挽きをも聞き届ける旨の家老連判覚書を出したので、加助ら同志と居残っていた農民は村々へ引き上げ騒動は鎮まった。

 ところが藩ではその後、村々へ先に渡した覚書を返上させ、一方江戸へは真相を秘して注進した上、藩主の裁許を得て頭領らとその子弟を一斉に捕縛して上土の牢舎へ投獄した。そして数日後の11月22日処刑された。その刑は磔8人獄門20人という極刑で、百姓一揆稀にみる犠牲者多数であった。

刑場で槍の穂先が、嘉助の腑から首へ突き刺さった時、「皆の衆!年貢は五斗入れ、二斗五升だぞ!」と、ものすごい形相で絶叫する。しかし、これが欺かれたとわかった時、カッと目を開き松本城を睨むと、天守はぐらっとして西に傾いた。というのが嘉助伝説である。

2 義民伝説の成立

 「嘉助騒動」とか「貞享義民」というまとまった記録は、江戸時代には見当たらない。騒動から40年後の享保10年(1725)7月28日、6代目藩主水野忠恒は、殿中において酒乱発狂、松の廊下で刃傷沙汰におよび、改易されるという大事件をおこした。この事件に結びつけて「嘉助等の祟りだ」という言い伝えがあるが、これも江戸時代の記録には今のところみあたらない。

貞享騒動の犠牲者を公然と顕彰するようになったのは、明治維新後の自由民権運動による「義民顕彰運動」の中で始まったと考えられている。

3 戯曲「民権鑑嘉助の面影」松沢求策作等にみる

 自由民権運動を推進した地元新聞の編集長である思想家、松沢求策は民衆に対して新聞や演説によって民権を説くよりも、演劇によって上演して心情に訴えて理解してもらおうと考えた。明治10年5月に嘉助騒動をテーマにした脚本を書き、「民権鑑嘉助の面影」と題して、上演して民権思想を広めようとした。戯曲九段目「仕置の場」には、初めて松本城天守が恨みの対象として伝説の中に出てきている。大正5年の「義民加助」(半井桃水)には『天守は西に傾いた、水野の運も傾いた、嘉助が魂魄の死なぬ証拠じゃ』をみると、大地震動し天守は西に傾いたという記述が出てくる。また、昭和8年刊の「松本市史」には「松本城を睨むと同時に、恐ろしい地震がして、天守閣は西に傾き、藩吏は恐れおののき、会衆の念仏頻りに起こる」と記述されていて、初めて「天守閣は西に傾」いたことが加助の怨念によるものとされ、ここに天守閣傾城伝説が完成した。

松本城天守閣は、旧物破壊の受難を逃れ、明治14年・5年頃より傷みが激しくなり、傾き始めてきた。ちょうどこの頃に中萱加助伝承が浮かび上がってきたのである