石落について

石落(いしおとし)とは、天守や櫓、門や塀などに設けられ、下に迫り来る敵兵を監視し、攻撃・撃退する施設を言います。天守や櫓の床や塀の一部を土台から張り出し、その床面に開部を設けています。柱間に石落しを設置する場合が多いため、横幅は一間が一般的です。内部の床面に設けられて開口部は、木製の蓋によって普段は閉じられています。瞬時に開くようにしてあります。


石落の役目

 本来石落しは、狭間(さま・・銃眼)の一種で、ここから下方に向けて鉄砲を撃つ施設でした。しかし江戸軍学によって、石落しは石垣を上って来る敵兵に対して、ここから石を落とすとか、糞尿や汚水、熱湯を浴びせかけるためのものとされ、それが巷(ちまた)に広がってしまったのです。

 天守や櫓では、石落しを隅部に設置することが多いのです。これは石落しは開口部が大きく、狭間では対応できない左右数mという広い範囲を攻撃することが可能であり、隅部に設置することで有効射程視野を確保しようとしたものです。松本城大天守には、隅部のほかに中央に二間の石落しを設置して、より有効射程視野の確保を考えています。