本丸御殿について

御殿とは

 御殿は、城主の住居であると同時に、家臣がその主従関係を確認する対面の儀式が行なわれる場や藩政のための庁舎であり、事実上城内で最も重要な施設であった。

 御殿は、用途により表(表向)と奥(奥向)に大別することができる。表は城主と家臣が対面の儀礼を行なう表御殿、城主が執務を行い、日常生活を営む中奥、多くの役人が勤務する役所と台所によって構成される。奥は城主が政務を離れて休息する場である。奥には御殿女中によって仕切られ、表の役人は奥には出入りすることは禁止されていた。御殿を建てる敷地は南向きが好ましいとされ、対面の儀式を行う表御殿が南側に配置された。南向きがよいとされたのは、「君主は南面する」という中国思想に基づくものである。


松本城本丸御殿は

 本丸御殿と二の丸御殿は、文禄3年(1594)頃竣工した天守に引き続いて建てられたと考えられているが、『河辺文書』によると寛永10年(1633)に「二之丸江御殿立・・・」とあるところから、二の丸御殿は松平直政時代とも考えられる。しかし年代を確定する史料は今のところみあたらない。

 路地の西側、高板塀の中央部辺には間口4間(約7,9m)の広い玄関が東向きに構えている。この高板塀の中が本丸御殿である。御殿の主要建物は5棟で、東側に一列に並ぶ南北棟の2棟は、南が玄関のある「大広間棟」で、北が桁行11間、梁間10間の「台所棟」である。西側の南から北西にかけて雁行(がんこう)して並ぶ東西棟の3棟は、表御殿の「書院棟」、政庁の「客座敷棟」と奥御殿の「御居間棟」である。ほかに、主要建物を廊下や台所棟の東と北に鍵の手に並ぶ長屋や蔵、また湯殿など小さい建物が数多く配置されているいます。


御殿の焼失

 建坪総面積約703坪(2320)、部屋数大小60を数える本丸御殿が、享保12年(1727)閏正月朔日に焼失した。御殿賄所合部屋と台所の境より出火で、火勢盛んなときは、天守・月見櫓・隅櫓などにも類焼の危機があった。戸田十五郎が組下の諸士を率いて消化活動をした結果、類焼を免れた。本丸御殿は松本藩の政庁であり、城主の生活の場であったから、中枢部の欠落は影響は大きかったと思われる。藩財政が苦しい時でもあり、以後復興はできず、二の丸御殿が城主の生活の場となった。それでも手狭なため、やがて郡所・町所は六九町の郭外に移転した。

以後本丸御殿は復興できずに現在までに至っている。