赤 蓑 騒 動 

1 赤蓑騒動の概要

 文政8年12月14日の夜半から、この騒動は始まる。文政8年は凶作の年で米価が高騰し、小谷一円では生活の糧としていた麻が安く買いたたかれて、農民は追い詰められた結果となった。四ヶ庄平の佐野村・沢度村の百姓3、40人が集まり、「出て来ない者は打潰すぞ。」と呼ばわり人数を集めていった。この人々が次々と商人・大庄屋・庄屋・酒屋・質屋・問屋・麻師など宅を打ち壊していった。更に進むに従って周辺の村々が加わって数千人の規模となり、池田から穂高、飯田から真々部、一日市場へと向う。もう一方は下堀、岩原へと進む。藩ではここで奉行・御物頭、侍同心が出張(でばり)召し捕りにかかり、関係者180人を捕え、騒動(一揆)は鎮圧された。

 この騒動は、百姓のいでたちが「しなと云える木の皮に編みたる赤毛の蓑を被り」とあることや、騒動の記録のなかに「赤蓑談」とあることから、赤蓑騒動と呼ばれたり、騒動の発生した佐野村・沢度村あたり「四ヶ庄(しかじょう)」と呼ぶことから「四ヶ庄騒動」といったりしている。また文政年間に起こったので「文政騒動」(北安曇郡誌)、「大町組百姓騒動」などともいわれている。

2 騒動の経過

○12月14日の夜

 大町組佐野・沢度村からほら貝を合図に騒動は起こった。先ず北上して塩島新田村で酒屋2軒を打ち壊した。

○12月15日

 今度は南下して大町に向う。 飯森村で3軒、飯田・佐野・木崎で1軒ずつ打ち壊し、海の口で代官・大町組大庄屋・庄屋らと対峙(たいじ:向き合うことの意)した。代官は城下に情報を送ると共に、200人程の人夫を集め大町への乱入を防ごうとした。しかし勢いに押されて防げず、大町商家の家々(麻問屋・酒屋・穀屋・肴問屋・大庄屋・質屋など)を襲い打ち壊した。宮本から池田町へ出る。街道筋の村々の百姓がぞくぞくと加わり、合流して数千人のも及んだ。宮本村へ代官が出て「願之筋あらば取次可申」としたが、それには答えず池田町へと進む。池田町では5軒(大庄屋・呉服・質屋)ほど打ち壊した。その後林中・内鎌から高瀬川原に出る。ここで代官中村弥兵左衛門下手代・人足200人で制止にかかるが、これを蹴散らかす。

 ○12月16日

 青木花見から古厩(ふるまや)・耳塚・細野の庄屋・酒屋を襲う。さらに橋爪から保高町に進み、大庄屋、庄屋、問屋7軒を壊した。そして等々力・白金・矢原・細萱へと進む。騒動に加わる百姓も多く膨れ上がる。成相本村で二手に分かれる。

・飯田から真々部、一日市場へと回り潰す。夜半奉行・御物頭等で召し捕りを始める。

・下堀から岩原へと進み打ち壊す。夜侍同心が出て召し捕る。

ここで騒動は鎮圧された。夜九つ(12時)頃という。自分の村に逃げ帰る。

 ○12月17日

 小谷の来馬・石坂辺に集まり、下り瀬から石原へと押し寄せる。今度は北辺小谷の騒動で、酒屋・庄屋を打ち壊す。日道から宮本、小土山へと上る。千国へ出、番所にて南に出るのを止められると再び引き返し、土谷から中土へと打ち壊しながら進む。

○12月18日

 朝一隊は大網を襲い、一隊は再び千国へと向うが、南の一隊が追われ捕えられていると聞き、治まる。こうして4日半にわたった騒動は終わった。騒動に参加した者はその役割の軽重を問われ、処分がされた。頭取は永牢、村追放の者、組がまい(組追放)の者、過料銭(罰金)御役御免、御しかり等の処分であった。

3 藩の堅め・・・「松本領大町組百姓騒動并御役人所々御出張郷々御堅メ」より 

松本藩が鎮圧対策をとったのは、16日になってからで、左の図のごときである。城下の入り口にあたる六九口(大筒2挺)・安原口、博労町口を固めた。その外新橋、熊倉橋には鉄砲組方や鉄砲を配備して備えた。成相新田には大目付・郡奉行が出張り、鎮圧に当たった。また、預り領和田組や川手組などにも出張り備えた。

4 騒動の位置づけ

この騒動は村役人層や富裕特権商人宅を打ち壊し、経済的格差の解消を目指した点で、「世直し騒動」と似かよっている。その点で「世直し騒動」のさきがけとみることができる。