十王堂
人が亡くなると残された者たちによって初七日、四十九日、百か日、一周忌、三周忌等の法要が行われます。死後の冥世界を10人の王が支配していて、死者は忌日ごとにそれぞれの王の前で生前の行いを裁断されるといいます。生きている者たちは法事をおこなって死者の成仏を側面から支援します。この冥界を支配する10人の王をまつった堂が十王堂です。十王堂は各地に建てられましたが、松本の城下では、東西名南北のそれぞれの入り口にたてられていたものがありました。
 当時の名残を色濃く残す十王堂としては、餌差町の十王堂(東に位置)があります。これは東の出入り口にあたる山家小路にありました。現在の地名では大手5丁目5番の南部で、放光庵があります。放光庵の場所には建物が2つあり、正面は「放光庵」の額を掲げ地蔵菩薩をまつっています。その右側は「閻魔堂」で十王をまつっています。城下の入り口を固める4つの十王堂のなかで、十王の像が残っているのはここだけです。なかでも閻魔大王の像は大きな像で優品です。この十王堂の由来を紐解くと、もともと十王堂は現在の位置より西にあり、年代は定かではありませんが、あとで現在地に移ってきたといいます(現地の案内板によれば昭和11年という)。放光庵のある場所には、石塔がいくつかたっていますが、そのなかには延宝8(1680)年の銘をもつ古い庚申供養塔もあります。庶民が古くから信仰の場としていたことがわかります。また弘化2(1845)年の「供養灰塚」という碑もたち、かつて火葬場として用いられていたこともあったようです。放光庵にまつられている地蔵菩薩は石造で110cmの大きさがあります。右手に錫杖、左手に宝珠をもつ延命地蔵の形をとっています。寛文9(1669)年の年号と山口喜兵衛の作銘ほか多くの人名が刻まれています。台座には方形の3段の台石があり、その上に蓮台座がおかれています。全体に大きな石造物ですから、この像をすえた後に堂の建物や厨子を造ったものかと想像されます(胡桃沢友男「放光庵の地蔵と閻魔」『信濃』44−9)。地蔵菩薩は、閻魔大王の本地仏といわれていて、十王とは関係が深い仏です。現在地の西にあった十王堂が、地蔵菩薩がまつられていた放光庵のある地に移転再建して、現在一緒にまつられているのもいわれなきことではないように思われます。

 餌差町の放光庵 左に地蔵菩薩 右に十王

閻魔大王像と十王像