水切り土手
松本城の総堀には「水切り土手」という工夫がなされています。東総堀の幅は15間(およそ27m)ですがそこに水を遮るように土手が築かれ、水を通す小さな穴がうがたれて(開けられて)いました。したがって北の方から流れ下る堀の水はここでせき止められ、少しずつゆっくり流下することになります。水野氏時代に作られた「信府統記」には水切土手を「水持ち土手」と記述しています。すなわち、堀の水持ちをよくする土手という意味です。東総堀の北端は595.8m、南側の下流で589.5mとなっています。総堀の長さが約550メートルですから、わずかな距離の間に標高差が6.3mあります。そこで北側の堀底を随分掘り下げて、南側の堀底と水平になるように堀は造られたはずです。しかし,扇状地のことですから北と南の高低差はどうしても直せません。水切土手を設置しなかったら堀の水は低きに流れ北側の水深は浅くなってしまいます。それを防いで水深を一定にするために、北側の底からわき出す水にみあった水量を流下させる水切土手を設置したのです。