松本城で所蔵する貴重な図面

享保13年秋改松本城下町絵図 2.26×4.1

最も正確な絵図として現在でも研究に活躍している。もちろん普段利用されるのは複製品であるが、町割りのほかに50間マスの線が引かれている。現在の都市計画図と重ね合わせてもかなり精度の高いものだそうです。

元禄期松本城下絵図 2.08×4.43

改図(官製の図面)とは違うらしいが、当時の町割りが細かく記載されている。

天保元年(南北深志絵図)2.06×4.08

松本城下絵図0.76×1.37