天明の飢饉のとき松本藩では 餓死者 は出たのですか。(松本市史近世編要約)

天明2年(1782)より4年(1784)まで連続して天気は曇りがちで稲の収穫は激減した。特に天明3年6月末、浅間山が噴火しその灰により空が曇り降灰がたびたびあった。3年8月24日には雪が降り、田畑の作物は全滅状態で飢饉は避けられない様相となった。人々は山野に出かけ、草の根を掘って食料とした。葛の根、蕨の根、松の皮、藁の根を粉にして食べた、田の「たにし」を掘り芹やナズナの根を掘った。天明4年2月には、米価は平年の2倍以上に跳ね上がった。(1両に米3斗2升となる平年は1両に8斗)松本藩は御救い米を支給したが「平生の心掛けが足りないので 夫食 ( ぶじき ) に差し支えるのである。したがってタバコや菜種などを多く作っているために米がとれないときに食物に困窮するのであるから、これからは主に雑穀を作り飢饉に備えるよう平生から心がけること。」としてこの危機を乗り越えようとした。

 天明5年は少し稲が実った。しかし6年は降雨多く大凶作となった。農民の中には餓死したり疫病で死ぬものもいた。まさに天明の飢饉は「一粒の米もそまつにならぬように、一粒蒔て1年の増えることを知るべし、一粒の五穀、道にこぼれあるとも、あだにみすて通るまじく、凶年は10年に一度づつは随分あるものと誠に心得るべし」との教訓を人々にあたえる契機ともなった。

 飢饉状況に直面し、村ないし村民の存続に危機感をいだいた人々は、一村あるいは数か村で、ときには組内で倹約取り締まりや年中行事、冠婚葬祭の生活規制、作物の盗みなどの防止規定をつくった。また、領主側も倹約をこと細かく定めた触れを出し、かならず請書を出させるなどの手段に出た。この時期、家としての諸規定、つまり家訓を取り決めた地主・豪農商も少なくなかった。公儀法度の遵守、先祖・神仏への崇敬、家族への財産分け、婚姻規定などのほかに、「大庄屋役ならびに小庄屋役あるいは組頭役など決して相望み申すまじき事」と、家を維持する上で村役を引き受ける弊害を説く家訓もあらわれた。

浅間山大噴火   


                    

天明飢餓之図


天明の飢饉以前の飢饉の様子を見てみたい。

 寛永の飢饉(寛永18年・19年 1641年・1642年)

 寛永19年は堀田氏から水野氏へ国替えが行われた年。松本藩内では凶作で百姓が餓死するものがある状態なので年貢未進も多く取り立てもできない状態で、藩は種もみの支給や年貢免除の救済措置をとった。


 延宝の凶作(延宝2・3年 (1674・1675) 延宝8年(1680)

 延宝の凶作 延宝2年5月中旬より日々曇り晴天はなく、6月5日より雨が降り出し、7月・8月・9月末まで毎日雨ふり、稲作・畑作両作ともにはなはだ不出来であった。翌延宝3年(1675)は穀物の値段が籾は金10両で24俵、米は金一分で1斗7升まであがり「大凶作飢饉」の年となった。

松本藩領内で疫病が流行し、わずか半年で病死人1267人・飢死者2788人が出た。

この時幕府から松本惣町へ御救籾100俵の下賜があった。藩は籾を売った代金で、「凶年不作等にて米穀高直の節は町中困窮のものへ貸しあて申すべく」と備荒町金(備荒貯蓄)を設置し、このときの拝領籾代金として中町ヘ7両504文、飯田・小池・宮村の枝町へ1両2分204文が渡された。

 延宝8年(1680)も金10両に籾26俵、米1両に8斗5升となり大飢饉となった。このとき伊勢町尻には「乞食小屋」ができた。また町の馬持ちの者37人には大豆2俵ずつの下げ渡しがあった。

元禄・享保・宮村町の河辺家の記録では、元禄から元文年間までの53年間で、凶作は元禄12年(1699)、正徳4年(1714)から享保2年(1717)、そして元文3年(1738)と同5年と4回を数える。凶作は16年から20年の周期でやってくることを読み取ることができる。

 元禄12年(1699)から翌年にかけて、松本町だけでわずか2カ月の間に485人の疫病による死者を出している。天明の飢饉は全体の餓死者・病死者の統計は無い。松本藩における餓死者は少なかったと言われている。(「松本市史近世」より要約)