江戸時代には城下町には町人と武士は何人いたんですか。

町人の人数

宝暦5年(1755)の家数と人口は以下の通り

町 名

窯数(軒数)

人口

本町

250 

 1100人

中町

268         

 1123人

東町

374

 1002人

伊勢町

215

  633人

博労町

134

  515人

飯田町

201

  688人

小池町

188

  557人

宮村町

114

  454人

安原町

175

  543人

和泉町 

232

  696人

上横田町

292

  911人

下横田町

251

  645人

山家小路

 67

  232人

合  計

2761軒

 9099人

松本の人口変化

年号

人口

延宝2(1674)

8620人

4490

4130

正徳3(1713)

8449人

4362

4086

宝暦2(1752)

9186人

4725

4461

文化10(1813)

10047人

不明

不明

明治元(1868)

12000人

不明

不明

※幕末は9000人台

平均世帯数

享保10年(1725)では総町屋数1233軒。総人口8206人(男4317人・女3889人)で1世帯当たり3.5人と少ない。

2 武士の人口

水野氏時代 享保10年(1725)には城内家数(三の丸内)98軒 城外屋敷660軒他162軒合計920軒 人口6027人(うち下男女1249人・武士1339人。3439は武家の家族) 武士とその家族で4778人

戸田氏時代 諸士(50石以上の武士)370人。徒士・足軽893人合計1263人であった。 1263人は武家も家数でもあり家族が4人とすれば5052人となる。

したがって幕末には町人は9000人台・武士は家族を含めておよそ5000人というのが大まかな人口把握としては適当かと思われます。

松本町の人口は14,000人前後。