松本城天守はどのくらいの地震に耐えられますか?

歴史的建造物であるため耐震診断は難しいとされています。400年余当地の地震に耐えてきたわけです。その中で大規模地震をあげると次のようです。(「国宝松本城天守構造耐力調査1988・9・30」より)松本城の被害がはっきりしているのが、


寛政3年6月23日(1791) 震源松本  M6.75(直下型地震)

松本城の塀、櫓・石垣崩れる。諸士居宅79個所

在郷百姓家416軒、土蔵316軒崩れ27日暮まで地震79回(震源10KMとして)1019GAL


弘化4年3月24日(1847) 善光寺地震 M7.4 松本領では潰れ396、半壊761、死67 山崩れ1477か所。城内は壁が落ちる程度  381GAL


大正7年11月11日(1918) 大町地震 M6.1 松本は強震区域 土蔵の壁地震と呼ばれ城の壁等被害があったと推定される。 437GAL


最大加速度400GALを越える地震は築城以来2回である。(寛政3年・大正7年)2回とも全壊に至っていない。築城以来400年余で2回ということは約200年に1回の頻度で、比較的大地震は少ない地域である。(※新潟県中越地震山古志村1132GAL 兵庫県南部地震[神戸]891GAL  400ガルは建物倒壊30%の目安)

昭和の大修理では壁の中に鉄の筋交いを塗り込めた。天守には元来筋交いは入っていない。しかし28cmにも達する厚さの壁は構造材としての役割も果たしているといわれる。

※参考資料  震度と最大加速度との関係


ガル(gal)

加速度の単位で、人間や建物にかかる瞬間的な力の事.地震動の加速度で一秒間にどれだけ速度が変化したか表す単位で、震度同様、同じ地震でも観測地点の位置によって違う値を示す。これはガリレオ・ガリレイ(イタリアの天文学者)の頭文字からとったもので、速度が毎秒1cm(1カイン)ずつ速くなる加速状態を1ガルとしている(1ガル=1cm/sec2)。

地上で物体が自由落下するとき、落下する速度は毎秒980カインずつ増す。これにより重力の加速度は、980ガルとなる。重力加速度は980ガル=1g(ジー)で表す。

気象庁の震度計は測定した加速度の揺れの周期などで補正し、震度をはじき出す。

ガルは大きいほど揺れが激しいことを示すが、必ずしも震度や被害とは直接結び付かない.建物などの被害は地震の周期や継続時間に影響を受ける面が大きいからだ。

地震時に物体に働く力の大きさは、その物体の質量と地震により生じる加速度の積となることから昔から地震による揺れの尺度として慣例的に用いられている。