売りに出されたお城の値段

松本城天守は235両永150文で明治5年1月競売に付され落札されました。落札者は笹部六左衛門でした。現在の米価で換算しますとおよそ400万円ほどで落札されたことになります。それは玄米の計算で現在の米価(新潟コシヒカリで換算)は明治4年の米価のおよそ17,000倍だからです。

明治政府は明治4年に貨幣制度を改め通貨の単位を「円・銭・厘・毛」としました。1両を1円とし、1分を25銭、10文を1銭、1文を1厘としました。

江戸時代は小判などの金貨、 秤量 貨幣としての銀貨、一般によくつかわれた少額の銭貨の3貨幣がありそれぞれの間は変動相場制で日によって交換比率が変わりました。

江戸幕府は元禄13年11月、1両を銀60匁、銭4貫文(4,000文)としましたが変動相場ですからこの通りの両替はできませんでした。それは流通する貨幣の量や貨幣改鋳によって金の含有量が変動したために貨幣価値が変わるからでした。1865年ころは1両は9貫文で交換されました。

「永」とは「銭」のことです。「永」は「永楽銭」のことで中国明、永楽6年(1408)から鋳造した青銅銭で「永楽通宝」の文字が刻まれていて日本はこれを輸入して流通させました。足利幕府は国内通用の永楽銭を鋳造しましたが、江戸幕府は「寛永通宝」を作って永楽銭の通用を禁止したため以後姿を消しました。幕府は公定交換比率を銭4貫文=1両としましたが変動制のため永楽銭を標準銭として遣う慣行が生じ1両を永楽銭1貫文=銭4貫文と公定しました。永楽銭廃止後も「永」は価値の単位として残ったのです。したがって「永」150文は変動相場にかかわりなく銭150文の意味です。

235両永150文は明治4年の新貨幣制度では235円15銭(※10文が1銭)となります。したがって「永」は変動相場制のもとでは実際にあり得ない不変の価値として表示されていたのです。