源地の井戸と石川氏の制札

善光寺 名所 図会 に紹介された源智の井戸の説明は次のようにされている。

 源智井(宮村町にあり)井筒わたりおよそ八尺、高さ9寸清泉湧き出して当国第一の名水とす。松本街中の酒造はことごとくこの水にて制(製)するなり。殊勝の清水なるゆえ、代々の領主より 制札 を出したまう。井戸の制札は稀なりという。

この辺 往古 は庄内宮村といえり、天正年間小笠原侯再び深志へ入部ありて、御城普請の節、宮村の地へも町々を引き移したまう。

その後、石川家時代も御城町家等をもっぱら 修補 したまう。石川家長臣渡部氏が井水の書札ならびに材木を賜りしときの書札などを持ち伝う。源智の子孫今なお宮村町に住居し河辺氏を名乗り、代々その所の庄官たりとぞ。

源智井戸善水に候、なるほど不浄なきよう心付けもうすべく候なお、制札ださしむべきものなり 午三月渡辺金内 花押 肝煎 与惣左衛門


この井戸へ不浄なる手桶、 ( まげ ) げ物をもって水をくみ、また、井戸の内にて洗い物あくた入るべからず候右の旨相心得うべきものなり 午(文禄三年)石川家  印

この水にて製すところの銘酒は白滝・ 不入 ( ひいら ) ・松浪・白菊・藤波・ 諸白 ( もろはく ) そのほか名産。

諸白・麹も米もよく精白したものを用いて醸した上等な酒のこと。

さて、この石川康長の制札が文禄3年4月に掲げられていることについて、松本城築城懇談会の座長であった東京大学教授金井 ( まどか ) 氏は松本城天守築造年代の傍証として、文禄2年12月より天守建築に着手して、建築の為にその最盛期で職人が町にあふれ井戸の使用が頻繁で汚す者があとを絶たない状態であり、このような井戸使用の制札が出されたと解釈された。

また、善光寺名所図会の源智の井戸の2人の侍は旅人ではなく、井戸を見回る役人であり、井戸の中を検分しているとする研究者もいる。源智の井戸の名前は天文年間小笠原氏の遺臣川辺 縫殿之 ( ぬいのすけ ) 入道 という人の持ち井戸であったのでこのようにいわれるようになった。その子孫が長く宮村に住んで多くの古文書を残す川辺氏である。(河辺文書は現在市文書館にある)

川南の町の人々は享保以前、源智の井戸の水を朝夕汲んで使用していた。享保以後中町・本町はいずれも別の井戸から引水(木樋による送水)して生活用水としたが、源智の井戸からは引水を許さず、付近一帯の人々の需要にあてられていた。

明治に至り各家で付き井戸を掘ることが盛んになると湧出量が減少し大正13年上水道施設により使用されなくなった。しかし、史跡保存の観点から明治44年市から岡村源助外23人に譲渡された。(大字南深志城宮村町741番ホ号宅地15歩1合4尺夕なり。)