地蔵清水の井戸

「地蔵清水ノ井戸」の由来について『筑摩郡北深志町地誌』(明治9年編)は、享保9年(1724)編集の『信府統記』と同様の伝承を伝えている。それによると、現在外堀の東側丸の内5番付近の地は、古く中世のころ市ノ辻と呼ばれていた。活き冷水が湧き、商頁が並び、市の立つ繁栄の場所であった。また隣接する泥町には生安寺という寺があり、その境内に地中顕出の伝説をもつ石仏(文治4年銘の地蔵尊)が祀られていた。

 やがて天正15年頃、松本城の拡張を企てた城主小笠原氏が三の丸を整備するため、市ノ辻、泥町辺の町屋や寺院をそっくり川南の地(本町)へ地替えさせ、ここを侍町とした。

それからはこの地で市の立つことがなく、市ノ辻の名は失われまた生安寺の地蔵尊もここを離れた。以来、市ノ辻に残った冷水は「地蔵清水」と呼ばれ、それが町の名ともなった。

また隣の泥町は、柳の木が目立つところから柳町と名付けられたという。また別に、地蔵尊出現の霊験については、昭和3年建碑の「地蔵尊出現霊水地」の碑文に、「古へ泥町ヨリ本町へ移転セル生安寺及ビ境内ノ地蔵尊ハ当城主此ノ井戸ヲ掘り玉ヒシ時浄水卜共二不可思議ニモ地中ヨリ出現シ玉フ、爾来此ノ地ヲ呼デ地蔵清水卜云フ(後略)」と記している。

史 料

「地蔵清水ノ井戸」に関する史料で最も多いのは絵図類で、城郭図や城下町絵図などである。元禄年間の「松本城並家中屋敷割絵図」(石川義昌氏蔵)や、明治11年(1878)の「深志城内曲輪全図」(松本中央図書館蔵)まで、年代の異った幾敷かの絵図面にこの井戸が登載されている。いずれも地蔵清水町の北詰めに印され、簡単な井桁マークだけのもの、井筒が二つあることを示すもの、「ニッ井戸」と注記のあるもの、絵画的に井戸の覆屋を描いたものなど、その表現は精粗いろいろである。