領主の舟遊びと茶屋

右の写真は彦根城に残る大名庭園玄宮園である。この池に船を浮かべ四季の風情を楽しんだと推定され、その後は船から上がって数奇屋で茶を楽しんだと思われる。松本城には大名庭園は残っていないが、後戸田氏の時代になると二の丸西側が整備されお花畑や茶屋が作られ水門から船で内堀を渡りお花畑を散策したり茶屋で小休止をしたと思われる。


  明治9年[信濃国筑摩郡北深志町地誌全付図]に見られるお花畑である。御茶屋付近は拝領の松(戸田 光年 ( みつつら ) 庸が将軍 より拝領天保6)や戸田氏の家紋の一つである[ 連翹 ( れんぎょう ) ]も植えられている.花畑の南側は竹やぶ、その南は耕地で薬草がつくられていた。

上図のように池も設えられ、池には橋も架かっていた。

左図の「松本城見取図」によって見ると船着場が確認できる。茶屋やお花畑も見られる。

松本城二の丸には小規模な大名庭園が造られていたと考えられる。

領主たちは本丸月見櫓脇の水門から船に乗り二の丸の船着場(埋橋脇)に上がり茶屋で休んだり、お花畑の中を歩いたりしていたと推定される。船遊びが松本城でもなされていたのである。