小笠原氏が発見したから小笠原諸島か

小笠原諸島:東京都に属し都心から南方1000キロの太平洋上に点在する。聟島・父島・母島の三列島に属する30余の島からなる。父島・母島を主島とする。

1593年(文禄2)小笠原貞頼により発見され、その姓をとり島名としたというが史料的裏付けはない。

小笠原貞頼 (生没年不詳)

貞頼は小笠原長時の曾孫で織田信長・秀吉・家康に仕え小田原の戦いに従軍、朝鮮出兵には 検使 として 渡韓 した。家康の信頼を得て伊豆奉行になり、無人島開発を任され南海に航海して1593年三島を発見したという。(「小笠原島新誌」)

しかし、このことは確かな史料には見えず真偽が疑わしい。また、小笠原貞頼の名は「 小笠原家 」「 寛政 重修 諸家 」などには載っていない。

小笠原

1727年(享保12)小笠原 貞頼 曾孫 と称する小笠原 が幕府に小笠原諸島への渡航を願い、一族の式部 長晃 を先発として出発させたが、小笠原宗家九州小倉藩小笠原家から小笠原貞頼・貞任は一族にあらずと異議が申し立てられ長晃は 重追放 となった。(一説には長晃は漂流して帰らなかったという。)

したがって「小笠原諸島の命名と小笠原氏との関係については、1593年(文禄2)小笠原貞頼により発見され、その姓をとり島名としたといわれていますが、確たる史料的裏付けはないそうです。」という答えが妥当と思われます。参考文献を問われたら「「国史大辞典2」の「小笠原諸島」「・小笠原貞頼」の項を参照されたい」というのが良いと思います。