松本城にまつわる言い伝えなど

乾小天守(窓のない3階)

乾小天守4階(花頭窓の外は松本神社)

暘谷様伝説(その1)

平成13年に乾小天守が一般公開されるまでは、松本城乾小天守の3階以上は登ることができなかった。私が学生時代(昭和50年代)にアルバイトをした頃に当時の警備員から聞いた暘谷様伝説を書き留める。(根も葉もないことであることは改めて言うまでもないが。)

乾小天守は、出入り口がひとつしかない。しかも3階は天守と同じ屋根裏構造で暗いため、座敷牢として使われていたというものだ。幽閉されていたのは暘谷様。(当時は、松姫のことと聞かされた。)松本城主の戸田康永氏が、娶った妻は徳川家のお姫様である。この妻がたいそう醜くいため、外に出すことを嫌った城主が幽閉していたというものだ。悲しんだ暘谷様は4階の花頭窓をあけて堀へ飛び込み自害したというものである。そして窓の外に見えるのは「松本神社」今でも暘谷様も祭られている。(5人の祭神のうちの一人)この哀しみで、松本神社のお祭りには必ず雨が降るということです。

暘谷様伝説(その2)

どちらかというと、こちらの方が良く語り継がれていますが。(工事中)


玄蕃石

松本城の東側から太鼓門枡形に入って、正面石垣に高さ約4m、周囲約7m、推定22tの巨石がある。この石には玄蕃石という名前がついている。玄蕃の守は松本城を築城した「石川康長」の官名である。松本城築城の際、運搬人夫が動けないと不満を言った際、玄蕃の守は目を血走らせて怒り、人夫の首を即座に刎ね、それを槍に刺し掲げて石の上に乗り、陣頭指揮で叱咤激励して運ばせた石なので名前がついたという。重要な門には大きい石を据えて威厳を出したと言われているが、人名のついた石は珍しいということです。


二十六夜神

天守6階の梁にまつられている二十六夜神のいわれは、1618年の正月の二十六夜の月が東の空へ登る頃、天守番の藩士である川井八郎三郎のもとに、二十六夜様が美しい姫に身を変えて現れた。そのお告げは「我を、天守の梁の上に祭り、毎月26日に三石三斗三升三合三尺の餅をついて供え、それを藩士全員で分かち合えば国が豊かになる。」というものであった。これを藩主に伝え、明治維新に至るまで毎月続けられてきた。松本城が現在まで無事なのは二十六夜神様が守っていてくれるからかもしれません。


小笠原ボタン

本丸庭園に小笠原ボタンという名前のついたボタンが植えられています。万重咲の白い美しいボタンです。

小笠原長時氏が武田軍に追われて落城する際、長年愛でて大切にしてきた花が踏み荒らされることを憂えて、ゆかりのある兎仙寺に預けたところ、旧家臣の久根下家で大切に守られてきました。縁あって小笠原氏15代目の小笠原忠統氏が松本市の図書館長を勤められた昭和30年代に返還され松本城に移植されたそうです。


小笠原ボタン(抹茶茶碗)

我が家には「小笠原ボタン」の入った抹茶茶碗が一つあります。父が親しかった、小笠原流宗家15代の小笠原忠統さんからいただいたものです。

お茶会などでは、飾り茶碗として使われていたようです。


加藤清正公駒つなぎの桜

熊本城主加藤清正公が江戸からの帰りに、松本城の築城祝いに立ち寄った際に、松本城主石川玄蕃の守がたいそう喜んでもてなしを行い、別れの日に2頭の駒を引き出し、「土産に1頭差し上げましょう」と伝えたところ清正公は感謝して「玄蕃の守が目利きをした駒を自分などが選ぶことは失礼であるから、2頭いただきましょう。」と申し出た。これを伝え聞いたものたちは、さすが清正公と感じ入ったそうである。

このとき、馬をつないだのが「駒つなぎの桜」であるが、枯れてしまって2代目であることが残念なお知らせです。